わらべうた・遊び歌・日本の古い童謡

謎が深い日本の古い童謡・わらべうたの謎に迫る

曲目一覧

はないちもんめ
勝ってうれしい はないちもんめ
あんたがたどこさ
あんたがたどこさ 肥後さ 肥後どこさ 熊本さ♪
おちゃらかほい
おちゃらか おちゃらか おちゃらか ほい!
かくれんぼ
もういいかい まあだだよ もういいかい もういいよ♪
ソーダ村の村長さんがソーダ飲んで…『そうだ村の村長さん』
葬式饅頭うまいそーだ 明日の葬式 忙しそーだ♪
おべんとうばこのうた
これっくらいの おべんとばこに おにぎりおにぎり ちょいとつめて
道成寺 どうじょうじ 安珍・清姫伝説
安珍清姫 蛇に化けて 七重に巻かれて ひとまわり
おしくらまんじゅう
おしくらまんじゅう 押されて泣くな♪
鬼さんこちら 手の鳴るほうへ
鬼ごっこの一つ「目隠し鬼」で歌う遊び歌・わらべうた
あみだくじの歌 メロディの由来・原曲は?
引いて楽しい あみだくじ♪ どれにしようか あみだくじ♪
向う横丁のお稲荷さん 歌詞の意味
一銭あげて ざっとおがんで お仙の茶屋へ
インドの山奥 替え歌・遊び歌
インドの山奥で でんでん虫カタツムリ リンゴは真っ赤っか かーちゃんおこりんぼ…
かわいいコックさん(棒が一本あったとさ)
はっぱじゃないよ かえるだよ 六月六日にUFOが?
指きりげんまん 嘘ついたら針千本飲ます
江戸時代の遊郭で行われた誓いの儀式に由来するという
お寺の和尚さん
花が咲いて枯れちゃって♪ 忍法使って空飛んで♪
坊さん坊さんどこいくの?
このかんかん坊主 糞坊主 うしろの正面だあれ
山寺の和尚さん
猫をかん袋に押し込んで ポンとけりゃ ニャンとなく 
七草の歌(七草なずな/七草ばやし)
七草なずな 唐土の鳥が 日本の国に 渡らぬ先に ストトントン
だるまさんがころんだ
達磨大師の伝説との関係は? 関西では「坊さんがへをこいた」
ひらいたひらいた
なんの花が ひらいた れんげの花が ひらいた
おおさむこさむ
山から小僧が泣いてきた 寒いといって泣いてきた
おせんべやけたかな
おせんべ おせんべ 焼けたかな♪
十五夜さんのもちつき
十五夜さんのもちつきは トーン トーン トッテッタ
三月三日のもちつき(ひな祭りの餅つき)
雛祭り(ひなまつり)をテーマとした女の子の手遊び歌
お正月のもちつき
ぺったんこ ぺったんこ ぺったんぺったんぺったんこ♪
でんでらりゅうば
長崎県で愛唱されるユーモラスで謎めいたわらべうた・手遊び歌
げんげんばらばら
岐阜県・郡上八幡の盆踊り「郡上おどり」で有名
どちらにしようかな
天の神様の言うとおり 鉄砲撃ってバンバンバン 柿の種♪
あみだくじの歌 メロディの由来・原曲は?
引いて楽しい あみだくじ♪ どれにしようか あみだくじ♪
あぶくたった にえたった
煮えたかどうだか食べてみよ むしゃ むしゃ むしゃ まだ煮えない
お月さんいくつ(なんぼ) 歌詞の意味
あの子を産んで この子を産んで 誰に抱かしょ
いろはにこんぺいとう
消えるは電気 電気は光る 光るはおやじのハゲ頭!
げんこつやまのたぬきさん
おっぱいのんで ねんねして だっこして おんぶして またあした
ずいずいずっころばし
茶壷が来たらピシャンと戸を閉めて 誰が呼んでも隠れてなさい
かごめかごめ
うしろの正面だあれ?!
とおりゃんせ
行きはよいよい 帰りは怖い?

数え歌

一番はじめは一の宮
二は日光東照宮 三は讃岐の金比羅さん 四は信濃の善光寺
一かけ二かけて
『一番はじめは一の宮』と同じメロディで歌われるわらべうた
いちにさんまのしっぽ
ゴリラの息子 菜っ葉 葉っぱ 腐った豆腐!
いちじくにんじん
さんしょにしいたけ ごぼうにむくろじゅ♪
一もんめの一助さん(一丁目の一助さん)
一の字が きらいで お蔵におさめて 二もんめに渡した♪
郵便屋さん なわとび歌
郵便屋さん おはいんなさい♪
一羽のカラス なわとび歌
一羽のカラスが かぁ~かぁ 二羽のニワトリ コケコッコー
ハゲの数え歌 一つ人よりハゲがある
二つ ふもとにハゲがある  三つ 三日月ハゲがある

遊び歌になった世界の民謡

いとまきのうた
いーとーまきまき いーとーまきまき♪ 英語・フランス語でも歌われる遊び歌。
アルプス一万尺
せっせっせーのよいよいよい♪ アルペン踊りって何?
手をたたきましょう
チェコ民謡 『Šla Nanynka do zelí(ナニンカちゃん、キャベツ畑へ)』。
むすんでひらいて
ルソー作曲のオペラ『村の占い師』より
案外、知らずに歌ってた童謡の謎
案外、知らずに歌ってた童謡の謎
かごめ かごめ かごの中のとりは…。懐かしく、想い出にあふれた童謡の数々。花いちもんめ、赤い靴、赤鼻のトナカイ、ロンドン橋など、幼い頃、誰もが歌った、あの童謡に隠されていた物語を紹介。

関連ページ

日本の民謡・童謡・唱歌
子供から大人まで親しまれる有名な童謡・唱歌、日本の四季を彩る春夏秋冬・季節の歌、わらべうた、地元の民謡・ご当地ソングなど
ちょっと一貫貸しました 手まり歌の結び
横溝正史の長編推理小説「金田一耕助シリーズ」の傑作「悪魔の手毬唄」でも有名