日本の民謡・童謡・唱歌 > 春のうた

春の童謡・唱歌・日本のうた 解説と試聴

さくら春をテーマとした日本の民謡、春を感じる童謡、春に歌われる唱歌など、春に合う曲、春らしい歌、春に聴きたい日本のうたを特集。曲についての簡単な解説とYouTube動画の試聴。

春に関連するクラシック音楽については、こちらの特集ページを適宜参照されたい。

【関連ページ】 春のクラシック音楽・ピアノ曲

=春の曲 解説と試聴=

早春賦(そうしゅんふ)
春は名のみの 風の寒さや。谷のうぐいす 歌は思えど。
春よ来い
あるきはじめた みいちゃんが、赤い鼻緒の じょじょはいて、おんもへ出たいと待っている。
どこかで春が
どこかで春が生まれてる。どこかで芽の出る音がする。
うれしいひなまつり
あかりをつけましょ ぼんぼりに。お花をあげましょ 桃の花。
ちょうちょう
ちょうちょ ちょうちょ 菜の葉にとまれ
緑のそよ風
みどりのそよ風 いい日だね。ちょうちょもひらひら 豆のはな。
朧月夜 おぼろづきよ
菜の花畠(ばたけ)に 入り日薄れ、見わたす山の端(は) 霞(かすみ)ふかし。
春が来た
春が来た 春が来た どこに来た。山に来た 里に来た 野にも来た。
春風(はるかぜ)
吹け そよそよ吹け 春風よ 吹け 春風吹け 柳の糸に
花 (春のうららの隅田川)
春のうららの 隅田川 のぼりくだりの 船人が
さくらさくら
さくら さくら やよいの空は 見わたす限り
さくら変奏曲
お箏の名曲。日本の古い歌曲『さくらさくら』を8つの変奏曲にアレンジ
春の小川
春の小川は さらさら行くよ。岸のすみれや れんげの花に。
旅立ちの日に
卒業ソングの新定番。埼玉県秩父市立影森中学校の当時の校長であった小嶋登により作詞された
仰げば尊し
歴史ある日本の伝統的な卒業ソング。日本の音楽教育はここからスタートした。

春に関する音楽のページ

卒業ソング・卒業式の合唱曲
春の卒業シーズンに歌われる卒業ソングの解説と試聴。「旅立ちの日に」、「ビリーブ」、「ありがとう さようなら」など
春のクラシック音楽・ピアノ曲
春を感じるクラシック音楽、春をテーマとした歌曲・ピアノ曲など
日本の民謡・童謡・唱歌 > 春のうた
日本の民謡・童謡・唱歌 > 春のうた