ロシア民謡・ロシア歌曲
トップ > 世界の民謡 > ロシア

ロシア民謡・歌曲・トラディショナル 歌詞・日本語訳・視聴

モスクワ赤の広場にあるポクロフスキー聖堂

カチューシャ
カチューシャは歌い始めた。誇り高き薄墨色の鷲の歌を。彼女が深く愛する青年の歌。大事に持ってる彼からの手紙。
モスクワ郊外の夕べ
窓に明かりが灯り、静かに暮れ行く。いつまでも忘れない モスクワ郊外の夕べ。
トロイカ
20世紀初頭から歌われるロシア歌曲。特に女性歌手のプレヴィツカヤによって広められた。作詞者は不明。歌詞では、金持ちの村長に好きな女性を奪われた若者の悲しみが描かれている。
コサックの子守歌
いつかコサック兵として戦場へ赴く我が子 今はただ安らかに眠れ・・・
カリンカ
タイトルの「カリンカ」とは、山地や丘陵地の明るい林や草原に生える低木ガマズミを指す。5月頃に白い花をつける。

ヴォルガの舟歌~ロシア愛唱歌集/赤星赤軍合唱団

バリィーニャ
ロシアの女子フィギュアスケート選手、アリョーナ・レオノワ(アレーナ・レオノワ)2009-2010シーズンにおけるショートプログラム(SP)曲
ヴォルガの舟歌
ロシア出身のオペラ歌手シャリアピン(Chaliapin/1873-1938)によって広められ、以後オペラ歌手のレパートリーとして長年愛好された。
ステンカ・ラージン
歌詞の内容は、実在したコサックの頭領ステンカ・ラージン(スチェパン・ラージン)の反乱が題材となっている。
山のロザリア
忘れられぬ あの日よ 涙ながし別れた 君の姿よ
アムール河の波
見よアムールに波白く シベリアの風たてば あふれくる水 豊かに流る
ともしび
歌詞では、前線へ送られる兵士と残された少女の愛が描かれる。日本では、音楽舞踊団カチューシャの訳詞「夜霧のかなたへ 別れを告げ・・・」で有名。

ロシア民謡集 モスクワ郊外の夕べ (楽譜)

コロブチカ(行商人)
『コロブチカ(行商人)』は、ロシアの詩人ニコライ・ネクラーソフの長編詩「行商人」の中の一節から採られたロシア歌曲。学校の運動会などのフォークダンスでよく用いられる。ゲームのテトリスのBGMとしても有名。
赤いサラファン
歌詞では、娘の婚礼衣装として赤いサラファンを縫う母親と、まだ結婚なんてまったく興味が無い娘が登場する。
一週間
楽団カチューシャの訳詞で有名なロシア民謡「一週間」。原曲を見てみると、ほぼ日本語の歌詞通りであるものの、部分的に若干の違いがあるようだ。
黒い瞳(ひとみ)
 『黒い瞳』は、1884年に出版され、Feodor Shaliapinによって歌い広められたロシア歌曲。歌詞では、魅惑の瞳を持つ艶麗なる女性への、切なく息苦しくなるような熱い情熱が描かれている。
花の季節(悲しき天使)
メリー・ホプキンの『Those were the days』は、全世界で500万枚以上の大ヒットを記録。日本では、『悲しき天使』のタイトルで広まった。
ポーリュシカ・ポーレ(ポーリシュカ・ポーレ)
『ポーリュシカ・ポーレ(ポーリシュカ・ポーレ)』は、1934年に作曲されたクニッペルの交響曲第4番「コムソモールの戦士の叙事詩(A Poem about a Komsomol Soldier)」第一楽章に挿入された歌。

ロシア関連の音楽ページ

ロシア国歌 歌詞・日本語訳・視聴
ロシア連邦およびソビエト連邦国歌の歌詞・日本語訳とYouTube動画の視聴、ロシアの歴史
ロシアの作曲家 有名な曲(クラシック音楽)
チャイコフスキー、ラフマニノフ、コルサコフなど、ロシアのクラシック音楽作曲家の名曲解説

ロシアの民族舞踊・フォークダンス

タタロチカ Tatarochka
両手を高く掲げて「ヤクシー!」 フォークダンス定番曲
コハノチカ Kohanochka
都会風の洗練されたスピード感あふれるボール・ルーム・ダンス
ポーリャンカ Polyanka
自由な一人踊りで個人技の見せ場が多いウクライナのフォークダンス
ヤブロチコ Jablochko
「小さなリンゴ」を意味するロシア民謡 フォークダンスの曲にも
コサックダンス Cossack dance
滅ぼされたウクライナ・コサック 受け継がれたウクライナの民族舞踊
有名なフォークダンス・世界の民族舞踊
日本の運動会でもよく踊られる有名なフォークダンスの名曲、世界の民族舞踊
ヤマハの楽譜ダウンロードサイト「ぷりんと楽譜」で楽譜を探す
アマゾンMP3 試聴・ダウンロード
copyright © 1998 世界の民謡・童謡 All rights reserved.