What Child Is This
御使いうたいて(みつかいうたいて)

クリスマスキャロル/イングランド民謡『グリーンスリーブス』

『What Child Is This/ 御使いうたいて(みつかいうたいて)』は、イングランド民謡『グリーンスリーブス』のメロディを用いたクリスマスキャロル。

歌詞は、1865年頃にイギリスの詩人ウィリアム・チャタトン・ディックス(William Chatterton Dix/1837-1898)が発表した詩集『The Manger Throne』から採られている。

どのような経緯でイングランド民謡『グリーンスリーブス』のメロディが用いられたのかについては明らかではないが、一説によると、編曲を行ったとされるJohn Stainer (1840-1901)が最初に用いたのではないかとの説もある。

ちなみに、日本では賛美歌第二編216番「みつかい歌いて」として訳詩がつけられている。

【試聴】What Child Is This? - Libera

【試聴】Andrea Bocelli - What Child Is This

歌詞の意味・和訳(意訳)

What child is this, who, laid to rest
On Mary's lap, is sleeping?
Whom angels greet with anthems sweet,
While shepherds watch are keeping?

これはいかなる子か
聖母の膝で眠っている
天使らが甘美なる歌声で迎え
羊飼いが見守っている

This, this is Christ the King,
Whom shepherds guard and angels sing:
Haste, haste to bring him laud,
The Babe, the Son of Mary!

彼はキリスト 我らが王なり
羊飼いが見守り 天使が歌う
いそぎ行きて 彼を讃えよう
幼な子 聖母の子を!

So bring Him incense, gold, and myrrh,
Come peasant king to own Him,
The King of kings, salvation brings,
Let loving hearts enthrone Him.

乳香、黄金、没薬を持って
遠方の王が彼に会いに来た
彼は王の中の王 救いをもたらす
愛する心で彼を崇拝せん

Raise, raise the song on high,
The Virgin sings her lullaby:
Joy, joy, for Christ is born,
The Babe, the Son of Mary!

歌声よ高きに響け
聖母は子守唄を歌う
あふれる喜び キリストは降誕せり
幼な子 聖母の子よ!

日本語歌詞


み使いうたいて まきびとつどえば
いとしきみどりご しずかにねむれ
今ぞ迎えん われらの君をば
ともに祝わん われらの主をば


いぶせきうまやに 生まれし君こそ
あがないきよむる 救い主なれ
今ぞ迎えん われらの君をば
ともに祝わん われらの主をば


いざいざ宝を たずさえ急げや
きよけき喜び あふるる今宵
今ぞ迎えん われらの君をば
ともに祝わん われらの主をば

日本語歌詞の意味・補足

「み使い」とは天使のこと。

「まきびと」(牧人)とは、家畜の世話をする人。ここでは羊飼い。

「みどりご」とは、生まれたばかりの赤ん坊のこと。

「いぶせし」とは、汚らしい、貧しく、みすぼらしい様子。

「うまや」は馬小屋のこと。

クリスマス関連ページ

洋楽クリスマスソング
『ラストクリスマス』、『恋人たちのクリスマス』、『レット・イット・スノー』など、海外アーティストによる世界的に有名なクリスマスソング
クリスマスのお話
サンタクロースは本当にいるの?サンタに手紙を出せる?クリスマスツリーの意味・由来など、クリスマスにまつわる興味深いトピックスまとめ
讃美歌・聖歌・クリスチャンソング
『アメイジング・グレイス』、『アヴェマリア』、『いつくしみ深き(星の世界)』など、映画やポップス、結婚式などで耳にする有名な賛美歌・聖歌まとめ。

お正月・年末年始

お正月・年末年始のうた
『お正月(もういくつ寝るとお正月)』、『一月一日(年の始めのためしとて)』、『たこのうた』など、年末年始・お正月をテーマとした日本の有名な童謡・唱歌まとめ
冬の童謡・唱歌・日本のうた
『雪(ゆきやこんこ)』、『雪の降る町を』、『冬景色』など、冬に関連した日本の童謡・唱歌まとめ