雪(雪やこんこ あられやこんこ)

日本の童謡・唱歌/犬は喜び庭かけまわり 猫はこたつで丸くなる

「雪やこんこ あられやこんこ」が歌い出しの『雪(ゆき)』は、1911年の『尋常小学唱歌(二)』初出の文部省唱歌。

100年近く前の曲だけに、「こんこ」といった若干古めかしい表現が見られるが、今日では逆にその古さが味わい深い。

ちなみに、「こんこ」の正確な意味・語源は不明だが、「来む」(来い = 降れ)と関係があるとのこと。

【試聴・歌詞】 雪(ゆき) 文部省唱歌

雪やこんこ あられやこんこ
降っては降っては ずんずん積もる
山も野原も わたぼうしかぶり
枯木残らず 花が咲く

雪やこんこ あられやこんこ
降っても降っても まだ降りやまぬ
犬は喜び 庭かけまわり
猫はこたつで丸くなる

日本の民謡・童謡・唱歌 歌詞と視聴