蛍の光 歌詞の意味・現代語訳

蛍の光 窓の雪 書(ふみ)読む月日 重ねつつ

『蛍の光(ほたるのひかり)』は、1881年(明治14年)に「小学唱歌集初編」で発表された日本の唱歌。卒業シーズンに歌われる卒業ソングの定番曲

原曲は、スコットランド民謡『オールド・ラング・ザイン Auld Lang Syne』。日本語歌詞の作詞者は国学者・教育者の稲垣 千穎(いながき ちかい/1845-1913)。

施設の閉館・閉店時間に流れる「閉店BGM」としてよく流れる。ただしその場合、原曲のスコットランド民謡を古関裕而が三拍子にアレンジした『別れのワルツ』という別の楽曲が用いられることが多い。

ちなみに原曲のスコットランド民謡は、アメリカやイギリス、スコットランドなど英語圏の国々では、大晦日のカウントダウンで年が明けた瞬間に歌われる新年ソングとなっている。

なお、冒頭の歌詞「蛍の光 窓の雪」は、中国の故事・ことわざ「蛍雪の功(けいせつのこう)」の内容に基づいている。

【試聴】 蛍の光(フルコーラス)

歌詞

蛍の光 窓の雪
書(ふみ)読む月日 重ねつつ
何時(いつ)しか年も すぎの戸を
開けてぞ今朝は 別れ行く

止まるも行くも 限りとて
互(かたみ)に思ふ 千万(ちよろず)の
心の端(はし)を 一言に
幸(さき)くと許(ばか)り 歌ふなり

筑紫(つくし)の極み 陸(みち)の奥
海山遠く 隔(へだ)つとも
その真心は 隔て無く
一つに尽くせ 国の為

千島(ちしま)の奥も 沖繩も
八洲(やしま)の内の 護(まも)りなり
至らん国に 勲(いさお)しく
努めよ我が兄(せ) 恙(つつが)無く

歌詞の意味・現代語訳(意訳)

1.
蛍の淡い光や 月光の雪明かりを窓から取り入れ
書物を読む日々を重ねていると
いつの間にか年月は過ぎ去っていき
今朝は杉の戸を開け 級友と別れていく

2.
故郷に残る者も 去り行く者も
今日限りなので 互いに思い合う無数の想いを
たった一言「幸あれ(どうかご無事で)」と歌うのだ

3.
九州の果てでも 東北の奥地でも
海や山で遠く隔てられても
真心は隔てられることはなく
ひたすらに力を尽くせ 国のため

4.
千島列島の奥も 沖縄も
日本国の護りの要(かなめ)
統治の及ばぬ異国には勇敢に
尽力せよ我が兄弟 無事であれ

関連ページ

オールド・ラング・ザイン Auld Lang Syne
卒業ソング『蛍の光』や閉店ソング『別れのワルツ』原曲
有名なスコットランド民謡
『蛍の光』、『アニーローリー』、『故郷の空』、『ロッホ・ローモンド』など、有名なスコットランド民謡の歌詞・日本語訳・試聴
ロバート・バーンズ 有名な曲・代表作
スコットランドの国民的詩人ロバート・バーンズが採譜・作詞した有名なスコットランド民謡・歌曲
蛍雪の功 けいせつのこう
卒業ソング『蛍の光』の歌詞で有名な中国の故事・ことわざ
仰げば尊し 歌詞の意味と原曲
『蛍の光』と同じく故事成語「蛍雪の功」に基づく歌詞が登場する
ほたるこい 童謡・わらべうた
こっちのみずは あまいぞ あっちのみずは にがいぞ
卒業ソング・卒業式の歌
『仰げば尊し』、『旅立ちの日に』など、日本の卒業式や卒業シーズンに歌われる・流れる定番の卒業ソング特集