ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)
Happy Xmas (War Is Over)

クリスマスソング/ジョン・レノン&オノ・ヨーコ

『ハッピー・クリスマス(戦争は終わった)/Happy Xmas (War Is Over)』は、1971年に発表されたジョン・レノン&オノ・ヨーコの楽曲。

タイトルにもあるように、当時のベトナムを巡る世界情勢へのプロテスト・ソング的なメッセージが強く込められたクリスマスソングの定番。

曲の冒頭部分で、オノ・ヨーコが「Happy Christmas, Kyoko(ハッピークリスマス、キョーコ)」と囁き、ジョン・レノンが「Happy Christmas, Julian(ハッピークリスマス、ジュリアン)」と囁くフレーズが印象的。

【試聴】ハッピー・クリスマス(戦争は終わった) ジョン・レノン

キョーコとジュリアンって誰?

『ハッピー・クリスマス』の曲の冒頭で名前が登場する「キョーコ」と「ジュリアン」とは、ジョン・レノンとオノ・ヨーコの娘と息子を指している。だが、この二人はジョン・レノンとオノ・ヨーコの間の子供ではない。

オノ・ヨーコはジョンにとって二人目の妻で、息子ジュリアンは前の妻シンシアとの子供。1963年4月8日に誕生した。ジョンは息子ジュリアンに対して冷淡であり、ジュリアンはむしろポールと親しかったと伝えられている。


Lennon Legend: The Very Best Of John Lennon

ジャケット写真: Lennon Legend: The Very Best Of John Lennon

ちなみに、ジョンとシンシアが離婚した際、ポールがジュリアンを励ますために作った曲が「ヘイ・ジュード」であることは有名。

一方ジョンはオノ・ヨーコにとって三人目の夫で、キョーコ・チャン・コックス(Kyoko Chan Cox/1963-)は前の夫で映画製作者のトニー・コックスとの間の娘。

オノ・ヨーコとジョン・レノンの出会いは、ロンドンのインディカ・ギャラリーで開かれた彼女の個展がきっかけ。

梯子を昇った上に下げられた虫眼鏡で、天井に書かれた「YES」の文字を読むという作品が二人を強く結びつける契機となった。二人の間には息子ショーン・レノン(Sean Lennon、1975-)が誕生している。

関連ページ

サムディ・アット・クリスマス Someday At Christmas
愛と平和を訴えるスティービーワンダーのクリスマスソング
ステューボール Stewball
『Happy Xmas (War Is Over)』の原曲と指摘されることがあるフォークソング

クリスマス関連ページ

洋楽クリスマスソング
『ラストクリスマス』、『恋人たちのクリスマス』、『レット・イット・スノー』など、海外アーティストによる世界的に有名なクリスマスソング
クリスマスのお話
サンタクロースは本当にいるの?サンタに手紙を出せる?クリスマスツリーの意味・由来など、クリスマスにまつわる興味深いトピックスまとめ
讃美歌・聖歌・クリスチャンソング
『アメイジング・グレイス』、『アヴェマリア』、『いつくしみ深き(星の世界)』など、映画やポップス、結婚式などで耳にする有名な賛美歌・聖歌まとめ。

お正月・年末年始

お正月・年末年始のうた
『お正月(もういくつ寝るとお正月)』、『一月一日(年の始めのためしとて)』、『たこのうた』など、年末年始・お正月をテーマとした日本の有名な童謡・唱歌まとめ
冬の童謡・唱歌・日本のうた
『雪(ゆきやこんこ)』、『雪の降る町を』、『冬景色』など、冬に関連した日本の童謡・唱歌まとめ