It Came Upon the Midnight Clear
天なる神には(あめなるかみには)

アメリカのクリスマスキャロル・讃美歌

『It Came Upon the Midnight Clear』(イット・ケイム・アポン・ザ・ミッドナイト・クリア)は、1850年にアメリカで作曲されたクリスマスキャロル・讃美歌。邦題は『天なる神には(あめなるかみには)』。

マサチューセッツ州ウェーランドにあるユニテリアン派教会の牧師エドマンド・シアーズ(Edmund Sears/1810-1876)の詩が用いられている。作曲:リチャード・ウィリス(Richard Storrs Willis)。

原曲の歌詞は5番まであるが、3番または4番の歌詞が省略されて歌われる場合が多い。

なお、イギリスでは、アーサー・サリヴァン(Arthur Sullivan/1842-1900)が1871年にイギリスの伝統的なキャロルを編曲したメロディが用いられている。

【試聴】天なる神には It Came Upon the Midnight Clear

日本語歌詞

「あめなる神には みさかえあれ
地に住む人には やすきあれ」と
み使いこぞりて ほむる歌は
静かにふけゆく 夜にひびけり

今なおみ使い 翼をのべ
疲れしこの世を おおい守り
かなしむ都に なやむひなに
慰めあたうる 歌をうたう

重荷を負いつつ 世の旅路に
悩める人々 かしらをあげ
栄えあるこの日を たたえ歌う
楽しき歌声 ききていこえ

み使いの歌う やすききたり
ひさしく聖徒の 待ちしくにに
主イェスを平和の 君とあがめ
あまねく世の民 高く歌わん

歌詞の意味・和訳(意訳)

1.
It came upon the midnight clear,
That glorious song of old,
From angels bending near the earth,
To touch their harps of gold:

深夜の静寂に響く
壮麗なる古(いにしえ)の歌
天使が地上近くに舞い降り
黄金のハープを奏でる

"Peace on the earth, goodwill to men,
From heaven's all-gracious King."
The world in solemn stillness lay,
To hear the angels sing.

「地上に平和を 人々に善意を
天界の壮麗なる王から」
世界は厳かな静寂に包まれる
天使らの歌を聴くために

2.
Still through the cloven skies they come,
With peaceful wings unfurled,
And still their heavenly music floats
O'er all the weary world;

空の割れ目からやってくる
安らかに翼を広げて
天界の音楽は響き渡る
疲れた世界の上に

Above its sad and lowly plains,
They bend on hovering wing,
And ever o'er its babel sounds
The blessed angels sing.

くすんで凡庸な平野の上で
天使は浮揚する翼を向け
地上の喧騒の上から
神聖なる天使達が歌う

3.
Yet with the woes of sin and strife
The world has suffered long;
Beneath the angel-strain have rolled
Two thousand years of wrong;

原罪の苦悩と争い
世界は長く苦しんだ
天使の歌声の下でも
過ちの二千年が続いた

And man, at war with man, hears not
The love-song which they bring;
O hush the noise, ye men of strife,
And hear the angels sing.

人々は 争う人々は 聞かない
天使が届ける愛の歌を
静まるのだ 争う人々よ
天使達の歌声を聞くのだ

4.
And ye, beneath life's crushing load,
Whose forms are bending low,
Who toil along the climbing way
With painful steps and slow,

汝らよ 人生は耐えがたい重荷だ
汝らはうつむきながら
登り坂を骨折って進む
足取りは痛々しく遅い

Look now! for glad and golden hours
come swiftly on the wing.
O rest beside the weary road,
And hear the angels sing!

さあ見よ!喜ばしく輝かしい時が
翼にのって軽やかにやってくる
苦難の道を外れて休み
天使達の歌声を聞くのだ!

5.
For lo!, the days are hastening on,
By prophet bards foretold,
When with the ever-circling years
Comes round the age of gold

見よ その日は急がれる
予言者の言葉によって
繰り返される年月とともに
黄金の時代がやってくる

When peace shall over all the earth
Its ancient splendors fling,
And the whole world give back the song
Which now the angels sing.

世界を平和が包んだ時
いにしえの輝きが広がり
世界は歌い返すだろう
天使が歌っていた歌を

クリスマス関連ページ

洋楽クリスマスソング
『ラストクリスマス』、『恋人たちのクリスマス』、『レット・イット・スノー』など、海外アーティストによる世界的に有名なクリスマスソング
クリスマスのお話
サンタクロースは本当にいるの?サンタに手紙を出せる?クリスマスツリーの意味・由来など、クリスマスにまつわる興味深いトピックスまとめ
讃美歌・聖歌・クリスチャンソング
『アメイジング・グレイス』、『アヴェマリア』、『いつくしみ深き(星の世界)』など、映画やポップス、結婚式などで耳にする有名な賛美歌・聖歌まとめ。

お正月・年末年始

お正月・年末年始のうた
『お正月(もういくつ寝るとお正月)』、『一月一日(年の始めのためしとて)』、『たこのうた』など、年末年始・お正月をテーマとした日本の有名な童謡・唱歌まとめ
冬の童謡・唱歌・日本のうた
『雪(ゆきやこんこ)』、『雪の降る町を』、『冬景色』など、冬に関連した日本の童謡・唱歌まとめ