Have Yourself A Merry Little Christmas
ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス

クリスマスソング/ジュディ・ガーランド(Judy Garland/1922-1969)

『Have Yourself A Merry Little Christmas』(ハヴ・ユアセルフ・ア・メリー・リトル・クリスマス)は、1944年のミュージカル映画『若草の頃(Meet Me in St. Louis)』の挿入歌。

映画の舞台は、1903年から1904年、万国博覧会を控えた古きよき時代のアメリカ、セントルイス。

中流家庭のゆったりとした情景を美しいカラー映像で描写し、戦争の暗い世相に疲れた人々の心の琴線に触れて大ヒットした。現在でもミュージカル映画の枠を超え、不朽の名作映画の一つに数えられている。

映画の主演は、1939年のミュージカル映画『オズの魔法使い(The Wizard of Oz)』の主役でアカデミー特別賞を受賞したジュディ・ガーランド(Judy Garland/1922-1969)。スミス一家の次女エスター役を演じた。

ちなみに、ジュディ・ガーランドが『オズの魔法使い』で歌った挿入歌『虹の彼方に(Over the Rainbow)』は、今日でも人気の高いスタンダードナンバーとなっている。

【試聴】Have Yourself A Merry Little Christmas

歌詞の意味・和訳(意訳)

Have yourself a merry little Christmas
Let your heart be light
From now on, your troubles will be out of sight

楽しくささやかなクリスマスを
心に明かりを灯そう
これからは 悩みも忘れられる

Have yourself a merry little Christmas
Make the Yuletide gay
From now on, your troubles will be miles away
これからは 悩みも遠ざかっていく

Here we are as in olden days
Happy golden days of yore
Faithful friends who are dear to us
Gather near to us once more

僕らはここにいる 昔のように
幸せで輝いていた かつての日々
誠実な友人達 懐かしい顔ぶれが
そばに集まってくる もう一度

Through the years we all will be together
If the fates allow
Hang a shining star upon the highest place
So have yourself a merry little Christmas Time

何年でも 僕らはみな一緒だ
運命が許すなら
輝く星を飾ろう 一番高い場所に
そして過ごそう
楽しくささやかなクリスマスの時間を

クリスマス関連ページ

洋楽クリスマスソング
『ラストクリスマス』、『恋人たちのクリスマス』、『レット・イット・スノー』など、海外アーティストによる世界的に有名なクリスマスソング
クリスマスのお話
サンタクロースは本当にいるの?サンタに手紙を出せる?クリスマスツリーの意味・由来など、クリスマスにまつわる興味深いトピックスまとめ
讃美歌・聖歌・クリスチャンソング
『アメイジング・グレイス』、『アヴェマリア』、『いつくしみ深き(星の世界)』など、映画やポップス、結婚式などで耳にする有名な賛美歌・聖歌まとめ。

お正月・年末年始

お正月・年末年始のうた
『お正月(もういくつ寝るとお正月)』、『一月一日(年の始めのためしとて)』、『たこのうた』など、年末年始・お正月をテーマとした日本の有名な童謡・唱歌まとめ
冬の童謡・唱歌・日本のうた
『雪(ゆきやこんこ)』、『雪の降る町を』、『冬景色』など、冬に関連した日本の童謡・唱歌まとめ