花 瀧 廉太郎

春のうららの隅田川/日本の唱歌

「春のうららの隅田川」の歌い出しでお馴染みの歌曲『花』は、瀧 廉太郎(滝 廉太郎)作曲の歌曲集『四季』の第1曲。春の隅田川の情景とともに、オールで水面を掻いて川を進んでいくボートの様子が描写されている。

歌曲集『四季』には、第1曲『花』の他にも、第2曲『納涼』、第3曲『月』、第4曲『雪』があるが、第1曲『花』があまりにも有名になり過ぎたせいもあってか、他の3曲が演奏されることは今日ではほとんどない。

薄命の天才作曲家 瀧 廉太郎とは?

瀧 廉太郎(滝 廉太郎/たき れんたろう/1879-1903)は、明治の西洋音楽黎明期における代表的な音楽家の一人。

明治時代の前半には、日本最初の音楽教科書「小学唱歌集」が存在していたが、「蛍の光(Auld Lang Syne)」、「才女(アニーローリー)」、「庭の千草(夏の名残のバラ)」、「うつくしき(スコットランドの釣鐘草)」などに見られるように、その多くが賛美歌やスコットランド民謡などの外国の旋律をそのまま用いたものだった。

日本人作曲家によるオリジナルの歌曲を望む声が上がる中、滝はその声に最も早く応え、代表作である『荒城の月』、『箱根八里』、『お正月』などの名曲を次々と生み出していった。

筑紫哲也(ちくし てつや)の親戚だった?!

余談だが、雑誌「朝日ジャーナル」の元編集長で、TBSのニュース番組のメインキャスターを務めるジャーナリストの筑紫哲也(ちくし てつや)は、瀧 廉太郎の妹トミの孫である。筑紫自身はかつて「私には音楽の才能がないので、私が『瀧 廉太郎の親戚』であるということを非常に戸惑っていた」と述懐しているとのこと。

春の曲・春を感じるクラシック音楽

日本の民謡・童謡・唱歌 歌詞と視聴

試聴・歌詞:瀧 廉太郎『花』

春のうららの 隅田川
のぼりくだりの 船人が
櫂(かひ)のしづくも 花と散る
ながめを何に たとふべき

見ずやあけぼの 露浴びて
われにもの言ふ 桜木を
見ずや夕ぐれ 手をのべて
われさしまねく 青柳(あおやぎ)を

錦おりなす 長堤(ちょうてい)に
くるればのぼる おぼろ月
げに一刻も 千金の
ながめを何に たとふべき

関連ページ

瀧 廉太郎 有名な曲・代表曲
『荒城の月』、『花(春のうららの隅田川)』、『箱根八里』など、明治時代に活躍した瀧 廉太郎(たき れんたろう)の有名な曲 解説と視聴まとめ