朧月夜 おぼろづきよ

菜の花畠に入り日薄れ 見わたす山の端 霞ふかし

『朧月夜(おぼろづきよ)』とは、作曲:岡野貞一、作詞:高野辰之による日本の唱歌。1914(大正3)年『尋常小学唱歌 第六学年用』に初めて掲載された。

朧月夜(おぼろづきよ、おぼろづくよ)とは、春の夜に月がほのかに霞んでいる情景を指す季語。

岡野と高野の作詞作曲コンビで生まれた唱歌といえば、「朧月夜(おぼろづきよ)」の他に、「故郷(ふるさと)」、「春が来た」、「春の小川」、「紅葉(もみじ)」などがある。

【試聴・歌詞】 朧月夜(おぼろづきよ)

菜の花畠(ばたけ)に 入り日薄れ
見わたす山の端(は) 霞(かすみ)ふかし
春風そよふく 空を見れば
夕月(ゆうづき)かかりて におい淡(あわ)し

里わの火影(ほかげ)も 森の色も
田中の小路(こみち)を たどる人も
蛙(かわず)のなくねも かねの音も
さながら霞(かす)める 朧(おぼろ)月夜

【関連ページ】 春夏秋冬・季節の歌 ~春の歌~