春よ来い

日本の童謡/春よ来い 早く来い あるきはじめた みいちゃんが

『春よ来い(はるよこい)』は、大正時代後期に作曲された童謡。

作曲は、『鯉のぼり』、『浜千鳥』、『雀の学校』などで知られる弘田 龍太郎(ひろた りゅうたろう/1892-1952)。

作詞は、早稲田大学校歌「都の西北」を手がけた新潟県糸魚川市出身の詩人相馬御風(そうま ぎょふう/1883-1950)。

歩き始めた「みいちゃん」って誰?

歌詞に登場する「みいちゃん」とは、相馬御風の長女「文子(ふみこ)」がモデルとされている。

「じょじょ(草履)」「おんも(表・外)」などの幼稚語をうまく取り入れつつ、「あるきはじめた」ばかりのみぃちゃんの視点を通して、雪に閉ざされた越後の冬で静かに春を待ち望む人々の強い思いが伝わってくる。

相馬御風の故郷 新潟県糸魚川市

相馬御風の故郷である新潟県糸魚川市(いといがわし)は、日本海に面した新潟県の最も西端の市で、フォッサマグナの西端が通る東西の境界線上に位置している。

累積降雪量は4メートルを超える年もあり、糸魚川シーサイドバレーなどのスキー場には毎年大勢のスキー客が訪れる。世界的にも珍しいヒスイの産地であり、景勝地親不知(おやしらず)でも有名。

ちなみに、合唱曲『親しらず子しらず』(山本和夫作詞、岩河三郎作曲)は、この地方に伝わる伝承が元になっているとのこと。

試聴・歌詞:春よ来い

春よ来い 早く来い
あるきはじめた みいちゃんが
赤い鼻緒の じょじょはいて
おんもへ出たいと 待っている

春よ来い 早く来い
おうちのまえの 桃の木の
つぼみもみんな ふくらんで
はよ咲きたいと 待っている

【関連ページ】 春の曲一覧へ

日本の民謡・童謡・唱歌 歌詞と視聴