結婚式で歌われる曲・流れるBGM

作品解説とYouTube動画の試聴

メンデルスゾーン 結婚行進曲
『夏の夜の夢』の9番目に登場する舞台音楽。結婚式の定番BGM。
ワーグナー 婚礼の合唱
・ワーグナー作曲の歌劇『ローエングリン(Lohengrin)』の劇中歌。若き花嫁よ、歩み行かれよ。
クラーク トランペット・ヴォランタリー
「ヴォランタリー」とは、教会の礼拝前後とその合間に演奏されるオルガンの曲のこと。結婚式の退場の際に用いられることがある。
いつくしみふかき 讃美歌312番
結婚式でよく歌われる讃美歌。日本では唱歌『星の世界』としても知られている。
またきあい(全き愛) 讃美歌428番
全き愛 たまう神よ 愛の御手に 祝しはぐくみたまえ
あいのみかみよ 讃美歌429番
神の御前に立つ この妹と背を 恵み祝したまえ アーメン
いもせをちぎる 讃美歌430番
結婚式の定番とも言える讃美歌。「妹背(いもせ)」とは、「夫婦」または「夫婦の仲」を表す古語で、「妹背を契る(ちぎる)」で「結婚する」の意味になる。
ウェディング・クラシックス
パッヘルベル カノン
17世紀に作曲されたとされるパッヘルベルのカノンは、4小節単位でコードが循環する「カノン進行」を特徴とし、バロック期から現代に至るまで多くの作曲家に愛用されている。
アメイジング・グレイス
「道を踏み外しさまよっていた私を、神は救い上げてくださり、 今まで見えなかった神の恵みを、今は見出すことができる。」
主よ、人の望みの喜びよ
ドイツの作曲家J. S. バッハによる教会カンタータ「心と口と行いと生活」の中で登場するメロディー。
愛の夢 第3番
ハンガリーのピアニスト・作曲家フランツ・リストによる3曲から成るピアノ曲。
金婚式 La cinquantaine
ガブリエル・マリー作品で唯一知られるガヴォット風の小品
ジュ・トゥ・ヴ(お前が欲しい)
フランスの作曲家エリック・サティが1900年に作曲したシャンソン。
愛のあいさつ (エルガー作曲)
結婚前にエルガーが彼女のために捧げた曲

ディズニー・ハートウォーミング・ウェディング

ディズニー音楽を中心にクラシック,ポピュラーの名曲を披露宴のシーン別に編集した婚礼BGM集。全曲ピアノ,エレクトーン,オルゴールなどのインストルメンタル。

【試聴】ワーグナー 婚礼の合唱 歌劇『ローエングリン』より

讃美歌・聖歌・天使のメロディ特集へ

ディズニー・グレスフル・ウェディング

ディズニー音楽を中心に披露宴の各シーンに合わせて選曲されている。盛り上がるところは感動的に、和むところは軽めにと、気の利いたアレンジ。