カノン(パッヘルベル)

ヨハン・パッヘルベル(Johann Pachelbel/1653–1706)

パッヘルベルが晩年を過ごしたニュルンベルクのゼバルドゥス教会

17世紀に作曲されたとされるパッヘルベルのカノンは、4小節単位でコードが循環する「カノン進行」を特徴とし、バロック期から現代に至るまで多くの作曲家に愛用されている。

パッヘルベルは、ドイツのバイエルン州の都市ニュルンベルク出身。バロック期の音楽家として各地でオルガニストとして活動していた。

また、ヨハン・セバスティアン・バッハの父ヨハン・アンブロジウス・バッハと親交があり、「パッヘルベル形式」といわれるオルガンコラールは、その後バッハに影響を与えたとされている。

やがてパッヘルベルは故郷のニュルンベルクに戻り、ゼバルドゥス教会(St. Sebalduskirche)のオルガン奏者として晩年を過ごしている。

【試聴】カノン(パッヘルベル)

カラヤン指揮 パッヘルベル: カノン

アルバム「カラヤン/グレイテスト・ヒッツ」より(演奏:ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団)

パッヘルベルのカノン - ディズニー・ハートウォーミング・ウェディング

スローテンポでセレモニーや行事、ウェディングBGMなどに最適。アルバム「ディズニー・ハートウォーミング・ウェディング」より。

聖歌・賛美歌・天使のメロディ特集

結婚式・ブライダルで流れるBGM特集へ