またきあい(全き愛) O Perfect Love

讃美歌428番/全き愛 たまう神よ 愛の御手に 祝しはぐくみたまえ

結婚式で歌われる讃美歌の定番曲として有名な『またきあい(全き愛)』(讃美歌428番)。

タイトルの漢字表記からも分かるように、「完全なる愛」を与え給う主イエス、その神の恵みを讃える内容となっている。

なお、讃美歌21においては「全き愛、与える主よ」の題名で、日本語の歌詞も讃美歌428番とは異なっている。

原曲は19世紀イギリスで作曲

原曲は、19世紀のイギリスで作曲された『O Perfect Love』。作詞者ドロシーガーニー(Dorothy Gurney)の姉妹の結婚式向けに書かれたという。

作曲は、イギリス国教会のオルガニスト・指揮者であったジョセフ・バーンビィ(Joseph Barnby/1838-1896)。

妹背(いもせ)とは?

日本語の歌詞に登場する「妹背(いもせ)」とは、「夫婦」または「夫婦の仲」を表す古語。「妹背を契る(ちぎる)」で「結婚する」の意味になる。

この「妹背(いもせ)」が歌詞に使われる結婚式の讃美歌としては、讃美歌430番 『妹背をちぎる』がよく知られている。

有名な結婚式の讃美歌・クラシック音楽は?

『またきあい』の他に有名な結婚式の讃美歌としては、上述した讃美歌430番 『妹背をちぎる』讃美歌312番 『いつくしみふかき』などが一般的。

クラシック音楽としては、メンデルスゾーン 結婚行進曲ワーグナー『婚礼の合唱』などがインストゥルメンタルでよく流れる。

その他の定番曲については、こちらの特集ページ「結婚式で歌われる曲・クラシック音楽」でまとめて取り上げているので是非参照されたい。

【試聴】またきあい(全き愛) O Perfect Love

【試聴】原曲 O Perfect Love

歌詞:讃美歌428番 またきあい

またきあい たまうかみよ
おおまえに むすばれし
このいもせ あいのみてに
しゅくしはぐくみたまえ

みめぐみの ゆたかなれば
なぐさめと のぞみとは
そのいえに わきあふれて
おそれなやみはきえなん

かなしみは きよきさちに
あらそいは やわらぎに
ことごとく かわりゆきて
とわのやすきはみちなん

歌詞:讃美歌21 結婚式102 全き愛 与える主よ

またきあい あたえる主よ
いまここに ちかいあう
このふたり ひとつにして
めぐみしゅくしてください

あいをもって きずくいえは
みこころに まもられて
なぐさめと きぼうにみち
しもなやみも きえゆく

かなしみは よろこびへと
あらそいは へいわへと
このいえの ひびをしゅくし
あいをそだててください

関連ページ

有名な讃美歌・聖歌・クリスチャンソング
『主よ御許に近づかん』、『アメイジンググレイス』、『アヴェマリア』など、映画やテレビ、結婚式や教会でよく流れる有名な讃美歌・聖歌の解説と視聴
結婚式で歌われる曲・流れるBGM
『いつくしみふかき』、『あいのみかみよ』、『いもせをちぎる』など、教会での結婚式でよく歌われる有名な讃美歌・聖歌