隣組(とんとんとんからりんと)

ドリフ大爆笑の原曲として有名な戦時歌謡

「とんとんとんからりんと隣組♪」が歌い出しの『隣組』(となりぐみ)は、1940年6月に初放送された日本の戦時歌謡。作詞:岡本一平、作曲:飯田信夫。

「ドリフの大爆笑」オープニングテーマ曲の元歌・原曲として知られるほか、サントリーウイスキー「トリス」CMソング、メガネドラッグCMソングなどで替え歌されている。

ドリフ大爆笑 DVD-BOX

隣組とは、戦時中の日本における町内会の組織。江戸時代の隣保組織である五人組・十人組にならい、生活必需物資の配給や防空消火などの相互扶助が行われたほか、思想統制や住民同士の相互監視の役目も担っていた。

写真:ザ・ドリフターズ結成50周年記念 ドリフ大爆笑 DVD-BOX

【試聴】 とんとんとんからりんと隣組

【試聴】 ドリフ大爆笑'83 オープニング

歌詞

とんとん とんからりと 隣組
格子(こうし)を開ければ 顔なじみ
廻して頂戴 回覧板
知らせられたり 知らせたり

とんとん とんからりと 隣組
あれこれ面倒 味噌醤油
御飯の炊き方 垣根越し
教えられたり 教えたり

とんとん とんからりと 隣組
地震やかみなり 火事どろぼう
互いに役立つ 用心棒
助けられたり 助けたり

とんとん とんからりと 隣組
何軒あろうと 一所帯
こころは一つの 屋根の月
纏(まと)められたり 纏めたり

作詞者は岡本太郎の父親

作詞者の岡本一平は、芸術家・岡本太郎の父親。東京美術学校西洋画科を卒業後、朝日新聞の漫画記者として人気を博し、一時代を築いた。

ちなみに、父の取材に同行した岡本太郎はそのままパリに移住。そこでパブロ・ピカソの作品から強い衝撃を受け、今日までの作風が固まっていった。

また、高校野球の取材に同行した少年時代の岡本太郎は、観客の白いシャツが一面に広がる様子を「まるでアルプスみたいだ」と表現。それを岡本一平が「アルプススタンド」と朝日新聞に発表し、その名の由来となっている。

関連ページ

昭和初期の有名な歌謡曲・童謡・唱歌
激動の昭和初期に生まれた数々の名曲・愛唱歌まとめ
有名な戦時歌謡・軍歌 歌詞と解説
日本の有名な戦時歌謡曲・軍歌・流行歌・行進曲の歌詞と解説・YouTube動画まとめ。