北海盆歌 ほっかいぼんうた

ドリフ「8時だョ!全員集合」オープニングテーマ原曲の北海道民謡

ドリフ「8時だョ!全員集合」オープニングテーマの原曲として有名な『北海盆歌』(ほっかいぼんうた)。

曲名のとおり北海道に伝わる民謡で、かつて炭鉱で栄えた三笠市幾春別(いくしゅんべつ)が発祥の地とされている。

北海道の盆踊り

写真:北海道の盆踊り(出典:公益社団法人 北海道観光振興機構)

演歌歌手・三橋美智也(みはし みちや/1930-1996)のレコードが大ヒットし全国的に普及した。北海道で開催される盆踊りの曲として定着しているが、日本全国の夏祭り・盆踊りで曲目に加えられる機会も少なくない。

『北海盆歌』は掛け声・合いの手が特徴的で、「エンヤーコーラヤ ハァ ドッコイジャンジャン コーラヤ」「ハーソレカラドシタ」「ソレサナー(ヤレサナー)」など、ドリフのオープニングでもこれらの賑やかな囃子言葉が印象的に用いられている。

北海道の盆踊りでは、子供の部では『子供盆おどり唄』が、大人の部ではこの『北海盆歌』が演奏されるのが定番となっている。

【試聴】三橋美智也 北海盆唄

歌詞について

歌詞については様々なバージョンがあり、収録されるCDや歌詞集などによって歌う順番も内容もバラつきがあるが、頻繁に歌われるものとしては次のようなフレーズがある。冒頭部分だけはほぼ共通。

ハァー北海名物
(ハ ドシタドシタ)
数々コリャあれどヨー
(ハ ソレカラドシタ)

おらがナー おらが国さの コーリャ
ヤレサナー(ソレサナー)盆踊りヨー

ハァ エンヤーコーラヤ ハァ
ドッコイジャンジャン コーラヤ 

以下、囃子言葉を除いて「北海名物 数々あれど おらが国さの 盆踊り」のように表記する。

歌詞の一例

波の花散る 津軽の海を
越えて蝦夷地へ いつ来たか

五里も六里も 山坂越えて
逢いに来たのに 帰さりよか

唄え踊れよ 叩けよ太鼓
月の世界に 届くまで

来たは十七 蕾の頃に
今は二十一 花盛り

踊り揃うて 輪になる頃は
月も浮かれて 円くなる

はやし太鼓に 手拍子揃え
櫓囲んで 盆踊り

主が唄えば 踊りも締まる
櫓太鼓の 音も弾む

唄に誘われ 太鼓に引かれ
今来たこの道 二度三度

高い山から 谷底見れば
瓜や茄子の 花盛り

盆が来たのに 踊らぬ者は
木仏金仏 石仏

エンヤーの意味は?

囃子ことば「エンヤーコーラヤ」の「えんやこら」とは、炭坑での作業時に、力を入れるタイミングを取るために歌った作業歌の掛け声に由来していると考えられる。

「えんやこら」の意味や語源・由来については、こちらのページ「えんやこら 意味 民謡の囃子ことば・掛け声」を参照されたい。

ドリフ版 替え歌の歌詞

ドリフ「8時だョ!全員集合」オープニングでは、『北海盆歌』を替え歌した『チョットだけョ!全員集合!!』が使われていた。その歌詞は、一体どのような内容だったのだろうか?

原曲『北海盆歌』の歌詞と比較するために、『チョットだけョ!全員集合!!』の歌詞(作詞:上野冷児/松原雅彦)を次のとおり引用して確認してみよう。

エンヤー コーラヤット
ドッコイ ジャンジャン コーラヤ

ハァー ドリフ見たさに
(ハァー どうした どうした)
チャンネル コリャ まわしたら
(ハァー それからどうした)

今日もなァー 今日も逢えたよ コーリャ
ソレサナー 五人の色男

エンヤー コーラヤット
ドッコイ ジャンジャン コーラヤ

ハァー 番組名物
(ハァー どうした どうした)
すてきなコラ ゲストよ
(ハァー それからどうした)

歌もナァー 歌もたのしや コーリャ
ソレサナー 皆でわいわい騒ごう

エンヤー コーラヤット
ドッコイ ジャンジャン コーラヤ

ハァー 土曜8時は
(ハァー どうした どうした)
皆さん コラ笑って 頂戴ネ
(ハァー それからどうした)

ヘソでなァー ヘソでわかした コーリャ
ソレサナー 茶で乾杯だ

エンヤー コーラヤット
ドッコイ ジャンジャン コーラヤ

番組の時間の都合上かなり早いテンポで演奏され歌われていたので、実際にドリフ「8時だョ!全員集合」を当時テレビで観ていた人でも、この替え歌の歌詞はほとんど聞き取れなかったのではないだろうか?

YouTubeで確認してみたが、歌詞を見ながらでもかなり聞き取りにくかった。出演者もあまりはっきりと歌詞を歌っていなかったように思われる。

歌詞の内容としては、ドリフと番組について簡単に触れられているだけの他愛のないもの。囃子言葉の「エンヤー コーラヤット ドッコイジャンジャンコーラヤ♪」のインパクトが強すぎて、正直歌詞の内容が頭に入ってこないという方もいるのではないだろうか。

ザ・ドリフターズ ゴールデン☆ベスト

写真:ザ・ドリフターズ ゴールデン☆ベスト

ドリフ関連曲

隣組(とんとんとんからりんと)
ドリフ大爆笑の原曲として有名な戦時歌謡
いい湯だな
群馬県の温泉ソングがドリフで全国版に
ほんとにほんとに御苦労ね(軍隊小唄)
♪いやじゃありませんか花子さん♪ ドリフもカバーした戦時歌謡
東村山音頭 ひがしむらやまおんど
ドリフ加入まもない志村けんのスランプを救ったコミックソング
海軍小唄(ズンドコ節)
『ドリフのズンドコ節』としてカバーされ、100万枚を越える大ヒットを記録した。
誰かさんと誰かさんが麦畑
チュッチュチュッチュしている いいじゃないか♪
じゃんけんホイホイ どっち引くの♪
志村けんと石野陽子の夫婦コントから生まれた変則ジャンケン

関連ページ

夏祭りの歌・盆踊りの曲
東京音頭、花笠音頭、炭坑節、よさこい節など、日本全国の有名な夏祭りの歌・盆踊りの曲まとめ
子供盆おどり唄
北海道の盆踊りでは、子供の部で『子供盆おどり唄』が、大人の部では『北海盆歌』が演奏される。
えんやこら 意味 民謡の囃子ことば・掛け声
日本の民謡・童謡で使われる囃子ことば・掛け声の意味
エンヤー えんや 意味・語源・由来
日本の民謡・童謡で使われる囃子ことば・掛け声の意味・語源・由来まとめ