さらばナポリ Addio a Napoli (Napole)

イタリア歌曲・カンツォーネ

『さらばナポリ Addio a Napoli (Napole)』は、『サンタ・ルチア』を手掛けたナポリ生まれの音楽家テオドロ・コットラウ(Teodoro Cottrau/1827-1879)作曲によるイタリア歌曲

ナポリの風景と『フニクリ・フニクラ』で有名なヴェスヴィオ火山

『さらばナポリ』の歌詞では、何らかの事情でナポリを離れることになった人物の惜別の情が切々と歌い込まれている。おそらくは、海外へ出稼ぎに出るイタリア移民たちの心情が描写されているのだろう。

【試聴】SERGIO BRUNI - ADDIO A NAPOLI

アルゼンチンへのイタリア移民

『さらばナポリ』が作曲された19世紀後半のイタリアでは、南部の貧しい人々がアルゼンチンを目指して大勢の移民団が海を渡った。

アルゼンチンの人口は2015年現在で約4,000万人だが、イタリア移民系(子孫を含む)の人数はおよそ3,000万人にも及ぶという。国民の7割以上がイタリア系なのだ。

世界名作アニメ「母を訪ねて三千里」のストーリーにも、イタリアの少年マルコ・ロッシが、アルゼンチンへ出稼ぎに行った母を訪ねて旅に出る物語が描かれている。

アルゼンチンへ渡ったイタリア移民は、現地での文化の発展に大きく貢献した。音楽では、タンゴの新たな可能性を広げたバンドネオン奏者アストル・ピアソラ(移民三世)、サッカー選手では、4度のバロンドールに輝いたリオネル・メッシが有名。

関連ページ

有名なイタリア民謡・童謡・カンツォーネ
『オーソレミーオ』、『帰れソレントへ』、『フニクリ・フニクラ』など、日本でも有名なイタリア民謡・歌曲