すいかの名産地

アメリカ民謡/ともだちができた すいかの名産地♪

『すいかの名産地』は、アメリカ民謡(童謡)『ゆかいな牧場(マクドナルドじいさんの牧場)』を原曲とする日本のうた。

歌詞では、すいかの名産地で「とんもろこし(トウモロコシ)の花婿」と「小麦の花嫁」が結婚式を挙げるという童話のようなストーリーが展開されている。

歌詞(作詞:高田三九三)

ともだちができた すいかの名産地
なかよしこよし すいかの名産地
すいかの名産地 すてきなところよ
きれいなあの娘の晴れ姿 すいかの名産地

五月のある日 すいかの名産地
結婚式をあげよう すいかの名産地
すいかの名産地 すてきなところよ
きれいなあの娘の晴れ姿 すいかの名産地

とんもろこしの花婿 すいかの名産地
小麦の花嫁 すいかの名産地
すいかの名産地 すてきなところよ
きれいなあの娘の晴れ姿 すいかの名産地

【試聴】田中 星児『すいかの名産地』

日本のスイカ名産地ベスト5

日本でスイカの生産量(出荷量)が多い「スイカの名産地」ベスト5(2013年現在)は次のとおり。年度によってランキングは上下する。

第1位 熊本県

年間出荷量は5万トンを超え、日本全体の2割近くを占める。「スイカの名産地」熊本県植木町には、全国からスイカ栽培のプロフェッショナルが集まる。

第2位 千葉県

年間出荷量は4万トン弱。富里市(とみさかし)と八街市(やちまたし)が主な産地。毎年6月下旬に開催される市民マラソン「富里スイカロードレース大会」では、給水所ならぬ「給スイカ所」が名物で、ゴール後もスイカが食べ放題。

第3位 山形県

花笠音頭』で有名な尾花沢(おばなざわ)盆地が主な産地で、年間出荷量は3万トンを超える。夏の尾花沢は朝晩涼しく、糖度11%以上の美味しい尾花沢スイカが育つ。

第4位 鳥取県

収穫量は2万トンほど。西日本を代表するスイカの名産地。大栄町(現在は北栄町)の大栄スイカは、2009年よりドバイへ輸出された。現地王族に「ハチミツのようだ」と絶賛され、1玉3万円の値がついたという逸話も。

第5位 長野県

松本盆地で栽培されるスイカブランド「松本ハイランド」が有名。高原独特の澄んだ空気と、昼と夜の温度差の大きさが美味しいスイカを生み出す。

関連ページ

ゆかいな牧場(マクドナルドじいさんの牧場)
マクドナルド爺さんの農場で イーアイイーアイオー♪
大阪うまいもんの歌
アメリカ民謡『ゆかいな牧場』のメロディで歌う。大阪には うまいもんが いっぱいあるんやで~♪
アメリカ民謡・童謡 有名な曲
『大きな古時計』、『森のくまさん』、『線路はつづくよどこまでも』など、有名なアメリカ民謡・童謡特集