ロバート・バーンズ Robert Burns

有名な曲・代表作/スコットランドの国民的詩人

ロバート・バーンズ(Robert Burns/1759-1796)は、スコットランドを代表する国民的詩人。スコットランド民謡の収集・普及にも大きく貢献した。

このページでは、ロバート・バーンズが自ら収集・作詞したスコットランド民謡や、彼の詩に他の作曲家がメロディをつけた歌曲まで、ロバート・バーンズに関連する音楽を幅広くまとめていく。

曲目一覧

蛍の光 Auld Lang Syne
ロバート・バーンズ作品の中で最も知名度が高いと思われる名曲
故郷の空(ライ麦畑で出逢ったら)
バーンズの詩に基づく。スコットランドの方言が多用されている。
美しいドゥーン川の岸辺 Ye Banks and Braes
失恋の歌。ちなみに、ドゥーン川が流れるアロウェイ(Alloway)にはロバート・バーンズの生家がある。
アフトン川の流れ
アフトン川は、バーンズの生まれ故郷であるスコットランド南西部サウス・エアシャイアを流れる小川
Scots Wha Hae スコッツ・ホワ・ヘー
1314年にスコットランドがイングランドを撃破したバノックバーンの戦いを題材としている。バーンズは英雄ウィリアム・ウォレスの信奉者。
恋人は赤い、赤いバラ A Red, Red Rose
バーンズ作品の中でも特に人気が高いラブソング

関連ページ

有名なスコットランド民謡
『蛍の光』、『アニーローリー』、『故郷の空』、『ロッホ・ローモンド』など、有名なスコットランド民謡の歌詞・日本語訳・試聴