オールド・ラング・サイン(ザイン)
Auld Lang Syne

卒業ソング『蛍の光』や閉店ソング『別れのワルツ』原曲

『オールド・ラング・サイン(ザイン) Auld Lang Syne』は、スコットランドの詩人ロバート・バーンズ版の歌詞で有名なスコットランド民謡

日本の卒業ソング『蛍の光』や、閉店時・閉館時に流れる閉店ソング『別れのワルツ』(編曲:古関裕而)原曲として有名。

ビールで乾杯する笑顔の男女

アメリカやイギリス、スコットランドなど英語圏の国々では、大晦日のカウントダウンで年が明けた瞬間に歌われる新年ソングとなっている。

歌詞の内容的には、乾杯ソング・酒飲みソングとしても位置づけられる。

【動画】Auld Lang Syne

【動画】バグパイプ演奏による『Auld Lang Syne』

歌詞の意味・日本語訳(意訳)

Should auld acquaintance be forgot,
and never brought to mind ?
Should auld acquaintance be forgot,
and days of auld lang syne ?

旧友を忘れ 思い起こすことがなくても良いのか?
昔懐かしい日々を忘れても良いのか?

CHORUS:
For auld lang syne, my dear,
for auld lang syne,
we'll tak a cup o' kindness yet,
for auld lang syne.

<コーラス>
懐かしき日々のために 我が友よ
友情の杯(さかずき)を酌み交わそう
懐かしき日々のために

And surely ye'll be your pint-stoup !
And surely I'll be mine !
And we'll tak a cup o' kindness yet,
for auld lang syne.
(CHORUS)

きっと君はジョッキを飲み干す
きっと僕もそうするさ!
友情の杯(さかずき)を酌み交わそう
懐かしき日々のために

We twa hae run about the braes,
and pou'd the gowans fine ;
But we've wander'd mony a weary fit,
sin' auld lang syne.
(CHORUS)

僕ら二人で駆け回ったあの山々
綺麗なヒナギクも摘んだ
だけど僕らはさまよい続け 疲れてしまった
長い年月を経て

We twa hae paidl'd in the burn,
frae morning sun till dine ;
But seas between us braid hae roar'd
sin' auld lang syne.
(CHORUS)

僕ら二人は小川を渡った
朝日から夕暮れまで
だけど僕らを荒海が隔ててしまった
長い年月を経て

And there's a hand my trusty fiere !
And gies a hand o' thine !
And we'll tak a right gude-willie waught,
for auld lang syne.
(CHORUS)

この手をとってくれ 親友よ
そして君の手を僕に!
さあ酒をぐいっと酌み交わそう
懐かしき日々のために

関連ページ

蛍の光 歌詞の意味・現代語訳
蛍の光 窓の雪 書(ふみ)読む月日 重ねつつ
有名なスコットランド民謡
『蛍の光』、『アニーローリー』、『故郷の空』、『ロッホ・ローモンド』など、有名なスコットランド民謡の歌詞・日本語訳・試聴
ロバート・バーンズ 有名な曲・代表作
スコットランドの国民的詩人ロバート・バーンズが採譜・作詞した有名なスコットランド民謡・歌曲
卒業ソング・卒業式の歌
『仰げば尊し』、『旅立ちの日に』など、日本の卒業式や卒業シーズンに歌われる・流れる定番の卒業ソング特集