お寺・お坊さんに関する民謡・童謡

お寺・お坊さんに関する民謡・童謡

日本文化に深く根付いたお寺・お坊さんの歌まとめ

日本のお寺やお坊さんに関する日本の歌、お寺が歌詞に出てくる日本の歌、お寺をテーマ・題材とした歌など、お寺・お坊さんに関する民謡・童謡まとめ。

神社に関する民謡・童謡・音楽はこちら

その他の内容別・テーマ別の歌については、こちらのページ「テーマ別・内容別のうた・音楽」でまとめている。

写真:薬師寺(奈良市西ノ京町/出典:Wikipedia)

お寺の歌

証城寺の狸囃子 しょうじょうじのたぬきばやし
つ つ 月夜だ みんな出て 来い来い来い♪
道成寺 どうじょうじ わらべうた
安珍清姫 蛇に化けて 七重に巻かれて ひとまわり
山寺の和尚さん
猫をかん袋に押し込んで ポンとけりゃ ニャンとなく
お寺の和尚さん
お寺の和尚さんが かぼちゃの種をまきました♪
坊さん坊さんどこいくの?
わたしは田んぼへ 稲刈りに わたしも一緒に 連れしゃんせ
あのね和尚さんがね(おしょさんがね)
なむちん かむちん キャベツでホイ!
夕焼け小焼け
夕焼け小焼けで日が暮れて 山のお寺の鐘がなる
斎太郎節(大漁唄い込み)
松島の 瑞巌寺(ずいがんじ)ほどの 寺もない
よさこい節
土佐の高知の はりまや橋で 坊さんかんざし 買うを見た
花かげ
花嫁姿の姉を見送った際の「桜吹雪」は、山梨県塩山の禅寺・向嶽寺の桜
津軽じょんがら節(じょんから節)
曲名の由来は青森県の浅瀬石城下にあった寺の和尚・常椽(じょうえん)
琵琶湖周航の歌
西国十番 長命寺
かえろかえろと
かえろかえろと なに見てかえる 寺のついじの 影を見い見いかえる
お江戸日本橋
藤沢寺の門前で こちや とどめし車そ綱でひく
一番はじめは一の宮
四は信濃の善光寺

関連ページ

お墓参りとお彼岸 意味・理由は?
太陽が西方極楽浄土を指し示す春分の日と秋分の日に、阿弥陀仏の極楽浄土を心に思い浮かべながら拝む「日願(ひがん)」
神社に関する民謡・童謡・音楽
『伊勢音頭』、『とおりゃんせ』、『金比羅船々』など、神社や日本神話・神道に関する民謡・童謡・音楽まとめ
テーマ別・内容別のうた・音楽
母の歌、父の歌、春夏秋冬・季節の歌、動物のうたなど、歌のテーマ別・内容別にまとめた世界の有名な歌・音楽