チャルダッシュ(チャールダーシュ)

ヴィットーリオ・モンティ(Vittorio Monti/1868-1922)

チャールダーシュ(チャルダッシュ)は、「酒場風」という意味のハンガリー音楽ジャンルのひとつで、イタリアの作曲家ヴィットーリオ・モンティにより作曲された。

19世紀にはウィーンをはじめヨーロッパ中で大流行を極め、ウィーン宮廷は一時チャールダーシュ禁止の法律を公布したといわれ、多くのジプシー楽団もチャールダーシュをレパートリーにしている。

ヴィットーリオ・モンティは生まれ故郷のナポリでヴァイオリンと作曲を学び、晩年は指揮者としてパリでバレエやオペレッタをいくつか作曲したが、チャールダーシュ(チャルダッシュ)以外の曲はあまり知られていない。

写真:ハンガリーの世界遺産 パンノンハルマの大修道院

浅田真央2006-2007年シーズンのフリー使用曲

チャルダッシュは女子フィギュアスケートの浅田真央選手(中京大中京高)が2006-2007年シーズンのフリーに使用する曲としても注目を集めている。

ショートプログラム(SP)はショパンの「ノクターン(夜想曲)」。その他の注目の選手も続々と新プログラムを発表している

女子フィギュアスケートで使われた曲

天才ヴァイオリニスト ロビー・ラカトシュによる神技的演奏

ヴァイオリンの名手として有名なロビー・ラカトシュ(ROBY LAKATOS)は、1965年にハンガリーのジプシー・ヴァイオリン名門ラカトシュ家に生まれた。

幼い頃から父親や叔父からに音楽教育を受けた彼は、ブタベスト音楽院で演奏技法に磨きをかけ、数年のキャリアを積んだのち、かねて親交のあった故郷の音楽家達とジプシー・ヴァイオリンを中心とする楽団「ROBY LAKATOS & HIS ENSEMBLE(ロビー・ラカトシュ&ヒズ・アンサンブル)」を結成した。

レパートリーには「チャルダッシュ」の他、「剣の舞(ハチャトゥリアン)」「黒い瞳(ロシア民謡)」「トリッチ・トラッチ・ポルカ(J.シュトラウスⅡ世)」、「ハンガリー狂詩曲第2番(リスト)」などがある。

【試聴】ラカトシュの演奏によるチャルダッシュ

【試聴】József Lendvay - Monti: Csárdás

【試聴】Monti Csárdás (Czardas) Szalai Hungarian Gypsy Band

関連音楽ページ

ツィゴイネルワイゼン
スペインの音楽家サラサーテが1878年に作曲したヴァイオリン曲。タイトルのドイツ語は「ジプシー(ロマ)の歌」という意味。
ハンガリー舞曲 第5番
ドイツの作曲家ブラームスによる1869年の作品。ジプシー音楽の特徴が大きく取り入れられている。
二つのギター(ジプシーの娘)
ポールモーリア楽団によるカバーで世界的に有名に。ジプシーダンス・舞踊曲としても人気のようだ。