トリッチ・トラッチ・ポルカ

ヨハン・シュトラウス2世(Johann Strauß II/1825-1899)

『トリッチ・トラッチ・ポルカ』は、オーストリアのウィーンで活躍した作曲家ヨハン・シュトラウス2世による1858年の作品。

写真:シュテファン大聖堂前の広場(オーストリア・ウィーン)

ポルカ(polka)とは、1830年頃から伝わるチェコの民俗舞曲。速い2拍子のリズムに特徴がある。

【関連ページ】

ポルカ(polka)の有名な曲 解説と試聴

トリッチ・トラッチとは?

タイトルのドイツ語「トリッチ・トラッチ」とは、「女のおしゃべり」との意味がある。つまり曲名は「おしゃべりポルカ」といった内容になろうか。

また、ヨハン・シュトラウス2世の最初の妻ヘンリエッタ・トレフツが飼っていたプードルの名前が「トリッチ・トラッチ」だったという話もあるようだ。

なお、元々は合唱がついていたようで、ウィーン少年合唱団などのレパートリーとしても披露されることがある。

日本では運動会のテーマ曲・BGMの一つとして定番のクラシック音楽となっている。

【関連ページ】

運動会・体育祭で使われるクラシック・行進曲

ヨハン・シュトラウス2世とは?

ヨハン・シュトラウス2世はその生涯の多くをウィンナーワルツの作曲に捧げ、『美しく青きドナウ』、『皇帝円舞曲』など数多くの名曲を残し、ウィーンの「ワルツ王」と賞賛されている。

有名なポルカ作品としては、『トリッチ・トラッチ・ポルカ』のほか、『アンネン・ポルカ』、『ピチカート・ポルカ』、『雷鳴と電光(雷鳴と稲妻)』などがある。

【試聴】トリッチ・トラッチ・ポルカ