ベートーヴェン ピアノソナタ第8番 悲愴

モーツァルト『ピアノソナタ第14番』から強い影響

ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番「悲愴」、第14番「月光」、第23番「熱情」

『悲愴 ひそう』または『大ソナタ悲愴』は、1798年頃に作曲されたベートーヴェン(ベートーベン)のピアノソナタ。

第二楽章の冒頭部分の叙情的なメロディは、モーツァルト『ピアノソナタ第14番』から強い影響を受けたとされ、テレビCMなどで頻繁に用いられている。

第14番(月光)第23番(熱情)と合わせて、ベートーヴェンの3大ピアノソナタと称される初期の代表作。

さらに、第17番(テンペスト)第21番(ワルトシュタイン)第24番(テレーゼ)第26番(告別)の4曲とあわせて、「7大ピアノソナタ」と呼ばれる。

なお、『大ソナタ悲愴』(原題:Grande Sonate pathétique)というタイトルは、あまり自分の曲にタイトルをつけることのなかったベートーベンが自らつけたもの。第14番(月光)や第23番(熱情)などの他のピアノソナタは彼以外の人物が命名している。

バックハウス/ベートーヴェン:四大ピアノ・ソナタ集 日本では特に人気の高いドイツのピアニスト、バックハウスによる、ベートーヴェンのタイトル付きの4大ソナタを収録。スタンダードな名演として不動の評価を獲得している録音だ。

【試聴】ピアノ・ソナタ 第8番 「悲愴」 第2楽章

関連ページ

モーツァルト『ピアノソナタ第14番ハ短調』
ベートーヴェン『ピアノソナタ第8番 悲愴』第2楽章に大きな影響を与えた
ベートーヴェンの有名な曲・代表曲
『エリーゼのために』、『交響曲第9番』、『ピアノソナタ第8番 悲愴』など、ベートーヴェンの有名な曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴