月光ソナタ
ピアノソナタ第14番

ベートーヴェン(Ludwig van Beethoven/1770-1827)

ルツェルン湖の月光の波に揺らぐ小舟のようなメロディー

ベートーヴェン:ピアノソナタ第8番「悲愴」、第14番「月光」、第23番「熱情」

ピアノソナタ「月光」は、ベートーヴェンによる1801年のピアノ曲。第8番(悲愴)第23番(熱情)と合わせてベートーヴェンの3大ピアノソナタと称される。

「月光ソナタ」、「ムーンライト・ソナタ」などの名称も見られる。

ベートーヴェンが31歳のときの作品で、弟子であり恋人でもあったイタリアの伯爵令嬢ジュリエッタ・グイチャルディに捧げられた。

ジュリエッタは当時17歳でベートーベンとは14歳も年の差があったが、それ以上にベートーヴェンが苦しめられたのは年齢差よりも身分の差であったという。

ルツェルン湖に揺らぐ月光の波

「月光」という標題はベートーベンが考えたものではない。彼の死後1832年にルートヴィヒ・レルシュタープが第1楽章について「ルツェルン湖の月光の波に揺らぐ小舟のよう」とコメントしたことに由来している。

ルツェルンとは、人口6万人程のスイス中部の都市。ルツェルン湖の湖畔に位置し、ピラトゥス山とリジ山を臨む場所に位置している。 毎年8月~9月にルツェルン音楽祭が行われることでも知られている。

【試聴】 ピアノソナタ 『月光』

バックハウス/ベートーヴェン:四大ピアノ・ソナタ集 日本では特に人気の高いドイツのピアニスト、バックハウスによる、ベートーヴェンのタイトル付きの4大ソナタを収録。スタンダードな名演として不動の評価を獲得している録音だ。

ヤマハの楽譜ダウンロードサイト「ぷりんと楽譜」で楽譜を探す
アマゾンMP3 試聴・ダウンロード