故郷の廃家 こきょうのはいか

幾年ふるさと 来てみれば 咲く花 鳴く鳥 そよぐ風

「幾年(いくとせ)ふるさと 来てみれば」が歌い出しの『故郷の廃家(こきょうのはいか)』は、犬童球渓(いんどう・きゅうけい/1884 - 1943)の作詞による明治時代の唱歌。原曲はアメリカ歌曲(後述)。

犬童球渓の故郷・熊本県の球磨川

同じ作詞者による『旅愁(りょしゅう)』と合わせて、1907年(明治40年)に出版された音楽教科書「中等教育唱歌集」に掲載された。

ちなみに、犬童球渓はペンネームで、生まれ故郷の球磨川渓谷に由来している。

写真:犬童球渓の故郷・熊本県の球磨川(出典:Wikipedia)

【試聴】故郷の廃家

歌詞

幾年(いくとせ)ふるさと 来てみれば
咲く花 鳴く鳥 そよぐ風
門辺(かどべ)の小川の ささやきも
なれにし昔に 変らねど
あれたる我家(わがいえ)に
住む人絶えてなく

昔を語るか そよぐ風
昔をうつすか 澄める水
朝夕かたみに 手をとりて
遊びし友人(ともびと) いまいずこ
さびしき故郷や
さびしき我家や

歌詞の意味

「幾年(いくとせ)」とは、多くの年数が経過したことを表す。卒業ソング『仰げば尊し』でも「はや幾年」と歌われているが、ここではさらに多くの年数が経過しているように思われる。

「門辺(かどべ)の小川」とは、家の門の前付近を流れる小川のこと。

「なれにし」は、「慣れ親しんだ」の意味

「あれたる」は、「荒れてしまった」の意味。

「かたみに」とは、「互いに、かわるがわる」の意味。

原曲のアメリカ歌曲について

『故郷の廃家(こきょうのはいか)』の原曲は、アメリカ・ケンタッキー州出身の音楽家ウィリアム・ヘイス(W.S.Hays)作曲による『My Dear Old Sunny Home』(1871年)。

犬童球渓は、同じくヘイス作曲『Mollie Darling (Molly Darling)』にも日本語の歌詞をつけ、『冬の星座』として発表している。

なお、ヘイスの活動時期は、『大きな古時計』作曲者のH.C.ワークや、『故郷の人々(スワニー河)』作曲者のS.C.フォスターとほぼ同時期。

関連ページ

旅愁(ふけゆく秋の夜)
恋しやふるさと なつかし父母 夢路にたどるは さとの家路
唱歌の歴史 明治・大正・昭和
外国の民謡を翻訳した唱歌から、日本人の作詞作曲による唱歌へ
日本の民謡・童謡・唱歌
子供から大人まで親しまれる有名な童謡・唱歌、日本の四季を彩る春夏秋冬・季節の歌、わらべうた、地元の民謡・ご当地ソングなど