The Parting Glass 歌詞の意味・和訳

別れの酒を注いでくれ おやすみ 楽しい夜を

『The Parting Glass』(ザ・パーティング・グラス)とは、別れの際に歌われる古いスコットランド民謡(またはアイルランド民謡)。

曲名は「別れの酒」といった意味。スコットランドの別れの歌と言えば、『蛍の光』原曲である『オールド・ラング・サイン』の方が有名だが、かつて『The Parting Glass』は同曲よりも歌われる機会が多かったという。

グラスに注がれるウイスキー

2014年のNHK朝ドラマ「マッサン」では、スコットランド人の妻を演じたシャーロット・ケイト・フォックスが、劇中でこの『The Parting Glass』を歌うシーンがある。

2013年に発売されたゲームソフト「アサシンクリードIV ブラック フラッグ/Assassin's Creed IV Black Flag」では、エンディングで登場キャラのアン・ボニー(酒場の女給)が『The Parting Glass』を歌っている。

グラミー賞を4度受賞したイギリスのシンガーソングライター、エド・シーラン(Ed Sheeran/1991-)は、2011年リリースのデビューアルバム「+(プラス)」ラストトラックの最後に、『The Parting Glass』を隠しトラックとして収録している。

【試聴】Face Vocal Band - The Parting Glass

【試聴】Ed Sheeran - The Parting Glass

歌詞の意味・日本語訳

Of all the money that e'er I had
I spent it in good company
And all the harm I've ever done
Alas it was to none but me

稼いだ金はみんな
仲間と使い果たした
人を傷つければ
全部自分に返ってきた

And all I've done for want of wit
To mem'ry now I can't recall
So fill to me the parting glass
Good night and joy be to you all

分別ない過去の自分を
今さら思い出す事もない
別れの酒を注いでくれ
おやすみ 楽しい夜を

So fill to me the parting glass
And drink a health whate’er befall,
And gently rise and softly call
Good night and joy be to you all

<コーラス>
別れの酒を注いでくれ
健康に乾杯 何があろうと
そっと立ち上がり 静かに言おう
おやすみ 楽しい夜を

Of all the comrades that e'er I had
They're sorry for my going away
And all the sweethearts that e'er I had
They'd wish me one more day to stay

これまでの仲間はみんな
俺の旅立ちを残念に思ってくれる
今までの恋人たちもみんな
もう一日いてと引き留めてくれる

But since it falls unto my lot
That I should rise and you should not
I gently rise and softly call
Good night and joy be to you all

でもこれは俺の運命なんだ
俺は去り お前らは残る
そっと立ち上がり 静かに言おう
おやすみ 楽しい夜を

So fill to me the parting glass
And drink a health whate’er befall,
And gently rise and softly call
Good night and joy be to you all

別れの酒を注いでくれ
健康に乾杯 何があろうと
そっと立ち上がり 静かに言おう
おやすみ 楽しい夜を

関連ページ

オールド・ラング・ザイン(サイン) Auld Lang Syne
『The Parting Glass』と並ぶ、スコットランドの別れの歌。卒業ソング『蛍の光』や閉店ソング『別れのワルツ』原曲
蛍の光 歌詞の意味・現代語訳
スコットランド民謡『オールド・ラング・ザイン(サイン)』を原曲とする日本の古い唱歌。
有名なスコットランド民謡
『蛍の光』、『アニーローリー』、『故郷の空』、『ロッホ・ローモンド』など、有名なスコットランド民謡の歌詞・日本語訳・試聴