Twinkle, Twinkle, Little Star
きらきら星

フランス民謡のメロディーとイギリスのポエムがくっついた?!

「きらきら光る お空の星よ」の歌い出しで親しまれる童謡「きらきら星」。これは英語圏で歌われている『Twinkle, Twinkle, Little Star』(トゥインクル・トゥインクル・リトル・スター)の歌詞が日本語訳・アレンジされた曲です。

『Twinkle, Twinkle, Little Star』のメロディは、18世紀フランスの民謡「ああ、話したいの、ママ Ah ! vous dirai-je, Maman」が使われています。

このフランス民謡に『Twinkle, Twinkle, Little Star』の歌詞がつけられたのは19世紀初めごろのこと。イギリスの詩人ジェーン・テイラー(Jane Taylor)の詩「The Star」(ザ・スター/星)の一部が用いられ、1805年に詩集「ナーサリーライム(Rhymes for the Nursery)」の中で始めて発表されました。

モーツァルトも注目 童謡「赤い靴」との意外な関係とは?

オーストリアの偉大なる作曲家アマデウス・モーツァルト(Wolfgang Amadeus Mozart(1756-1791)は、「きらきら星」を彼の作品の中に取り入れ、「きらきら星変奏曲」として発表しています。

ただ正確に言うと、モーツァルトが変奏曲としてアレンジしたのは、原曲のフランス民謡「ああ、話したいの、ママ Ah ! vous dirai-je, Maman」のメロディ。しかもそれは「きらきら星」が初めて出版される20年以上も前のことです。

ちなみに、この「きらきら星変奏曲」の一部と日本の童謡「赤い靴」のメロディーがよく似ていると指摘されることもあるようです。

きらきら星に関連する音楽のページ

ああ、話したいの、ママ Ah ! vous dirai-je, Maman
「きらきら星」の原曲(メロディ)。娘が母親に自分の悩みを打ち明けるフランス民謡
ABCの歌(アルファベットの歌)
「きらきら星」と同じメロディ。子供がアルファベットを覚える英語の歌。

【試聴】きらきら星

歌詞(一部)・日本語訳(意訳)

Twinkle, twinkle, little star,
How I wonder what you are!
Up above the world so high,
Like a diamond in the sky.
Twinkle, twinkle, little star,
How I wonder what you are!

きらきらきらめく小さな星よ
君は一体何ものなの?
僕等の上をそんなに高く
まるで天界のダイヤモンドだ
きらきらきらめく小さな星よ
君は一体何ものなの?

マザーグース・子供向けの英語の歌