「ルソーの夢」と「村の占師」を結びつけるもの

むすんでひらいての謎 ドナドナ研究室

<注:前ページ「クラーマー『ルソーの夢』と『むすんでひらいて』」の続き>

実は、この「ルソーの夢」の元歌になっている曲が、「ルソーの夢」が発表される200年ほど前の1788年にすでにイギリスに存在していた。

それは「Melissa(メリッサ)」というピアノ・ハープ・ギターによって演奏される楽曲で、作曲者はチャールズ・ジェイムズとされている。

前節8小節、後節16小節の二部からなる「メリッサ」には歌詞もつけられており、愛する人(女性)が去っていった悲しみ・苦しみを歌う内容となっている。

この「メリッサ」は「ルソーの夢」の元歌と考えられており、旋律も非常に「むすんでひらいて」に似通っている。

メリッサから「むすんでひらいて」までの流れ

ここまでで、「メリッサ(1788)」→「ルソーの夢(1812)」→「見渡せば(1881)」→「むすんでひらいて」という流れが見えてきた。

しかし、ルソー作曲「村の占師」と「メリッサ」との結びつきがまだ明らかになっていない。

この「メリッサ」と「村の占師」が結びつかなければ、「むすんでひらいて」はルソー作曲(原曲)とは言えなくなってしまうのだ。

『ルソーの新ロマンス』と『智恵者』

さらに、「メリッサ」と「村の占師」を結びつける曲を探していくと、『ルソーの新ロマンス』という曲と、『The Cunning Man(以下「智恵者」と呼ぶ)』というオペラが何らかのカギを握っていることが分かってくる。

『ルソーの新ロマンス』は、ルソー作曲の『村の占師』の(パントミム)の冒頭の旋律を材料にフランスで作曲されたもの。

「むすんでひらいて」の著者である海老沢氏によれば、これはルソー以外の人間による作品であり、『大英博物館印刷譜所蔵目録』によれば、この『ルソー新ロマンス』の楽譜の出版は1775年パリでのことのようだ。

オペラ『智恵者』は、18世紀のイギリスが誇る音楽家チャールズ・バーニーが、ルソーの『村の占師』を英語に翻訳しイギリス国民に紹介した作品。

1766年にロンドンの有名な劇場であるドゥルリ・レインで初演されたオペラは大変好評を博し、年内に8回もの上演が繰り返されたという。

どちらが「メリッサ」の元歌?

『ルソーの新ロマンス』およびオペラ『智恵者』については、「メリッサ」の結びつきを示す決定的な証拠がなく、上述の海老沢氏もこのどちらが「メリッサ」の元歌であるかについては断定していない。

すなわち、フランスの『ルソーの新ロマンス』がイギリスに渡って英語による歌曲『メリッサ』を生み出したものか、それとも『村の占師』の英国版、すなわちバーニーによる『智恵者』の中の(パントミム)の楽譜から『メリッサ』が生まれたのか、いずれも明確な答えは出ていないのだ。

ただ、この2曲のいずれかが「メリッサ」と結びついていることだけは確かなようだ。 

「村の占師」から「むすんでひらいて」までの流れ

これまでの「むすんでひらいて」の源流に関する記述をまとめると、ルソー作曲「村の占師」→「智恵者」(または「新ロマンス」)→「メリッサ」→クラーマー作曲「ルソーの夢」→小学唱歌「見渡せば」→「むすんでひらいて」という伝播の流れとなる。

こうなると、もはや「ルソー作曲」というのはかなり違和感があり、「ルソー原曲、クラーマー編曲」とした方が実態に沿った記述と言えるだろう。

次のページ 「なぜ「見渡せば」が定着しなかったのか?」へ進む

史料価値の高い研究向けアルバム

むすんでひらいての謎

おなじみの「むすんでひらいて」の起源と変遷をたどったユニークにして興味深いアルバムである。“起源”となったルソーの歌はもとより、さまざまな国に伝承され多彩なヴァリエーションを生んだ経緯が網羅される。分厚い解説書も資料的価値大。

むすんでひらいての謎 目次

  1. 様々な顔を見せる不思議な童謡
  2. ルソーと「村の占師」
  3. 小学校唱歌 「見渡せば」
  4. ルソーの夢
  5. 「ルソーの夢」と「村の占師」を結びつけるもの~まとめ
  6. なぜ「見渡せば」が定着しなかったのか?
  7. 賛美歌としての「むすんでひらいて」

関連ページ

ロディーおばさんに言っといで Go Tell Aunt Rhody
童謡『むすんでひらいて』とルーツが同じとされるアメリカ民謡。カプコンのゲームソフト「バイオハザード7 レジデント イービル(BIOHAZARD 7 Resident Evil)」テーマ曲・主題歌としてアレンジされた。
Lord, dismiss us with Thy blessing
『むすんでひらいて』と同じメロディで歌われる18世紀イギリスの讃美歌
ドナドナ研究室 世界の名曲の謎・ルーツを探る
『アメイジング・グレイス』、『森のくまさん』、『グリーン・グリーン』、『ドナドナ』など、日本でも有名な世界の名曲にまつわる面白エピソードや原曲のルーツ・謎に迫る研究ページ。