ドナドナ研究室

世界の名曲にまつわる謎・ルーツ・歴史に深く迫る研究ページ

研究ページ 一覧

森のくまさん 少女と熊の不可解な関係
アメリカ民謡「森のくまさん」は、シンプルなメロディーでかつ平易な内容の歌詞ながらも、そのストーリーの流れの不自然さに様々な解釈がなされており・・・続きはこちら
ドナドナ 子牛を待つ本当の運命とは
仔牛が馬車に乗せられて市場へ売られていく姿は、実は悲しい過去の歴史を暗示したものだった。物憂げなメロディーと意味深げな歌詞に秘められた歴史の謎を紐解く・・・続きはこちら
グリーングリーン パパではなくママ?
「ある日パパと二人で語り合ったさ~♪」のあの「パパ」が原曲には登場せず、本当は「ママ」が出てくる歌詞である、という衝撃の事実を紐解きつつ・・続きはこちら
ダニーボーイ 盲目のフィドル吹き伝説
世界中の多くの人々から愛される名曲「ダニーボーイ」は、アイルランドに古くから伝わる民謡「ロンドンデリーの歌」に、あるイギリスの法律家が作詞した歌詞を当てはめたもののと伝えられている・・・続きはこちら
アメージンググレース ジョン・ニュートンの伝記
有名なクリスチャンであったジョン・ニュートンは、22歳の時に船の上で大嵐に遭遇する。この体験は彼を熱心なクリスチャンへと回心させていく非常に大きな契機となっていった・・・続きはこちら
アメージンググレース 曲のルーツ
ジョンニュートンが『アメージンググレース』歌詞を発表したのは彼が50代半ばになってからのことだが、そのルーツについては今日まで謎は多く残されている・・・続きはこちら
黄色いリボン 恋人想って遠く遠く
「黄色いリボン」と「黄色いハンカチ」の関係とは?リボンを巻着付ける習慣のルーツは?ジョン・ウェインの騎兵隊との関係やいかに?・・・続きはこちら
スカボローフェア チャイルド教授の功績
「スカボローフェア」は、16世紀頃のブロードサイド・バラッドで広まったイングランド民謡を元にしているようだが。今日知られている歌詞以外にも様々なタイトル・歌詞で歌われていたようだ・・・続きはこちら
むすんでひらいて ルソーの夢
「むすんでひらいて」のメロディーを聞くと、ほとんどの人が幼少期の遊戯曲・童謡である「むすんでひらいて」を想像するが、必ずしもすべての人が童謡としての「むすんでひらいて」を連想するわけではないようだ・・・続きはこちら
ラクカラチャ 英雄パンチョ・ビリャ
ラクカラチャには無数の歌詞がつけられているため、どれがこの曲に一番最初につけられた歌詞なのか、このメロディー自体がどこで生まれたのかについても明確な資料は見当たらない・・・続きはこちら
リパブリック讃歌 誕生編
「リパブリック讃歌」の誕生と関係が深い歴史上の人物「ジョン・ブラウン」は、南北戦争を引き起こした最大の原因のひとつである「黒人奴隷」の解放にその一生を捧げた熱きヒーローとして、今日評価されている・・・続きはこちら
リパブリック讃歌 歴史編
「リパブリック讃歌」の歌詞が始めて出版されたのは、アメリカで未曾有の戦死者を出し4年間に渡って繰り広げられた南北戦争が勃発して間もない1862年の頃で、このような決定的な武力衝突に至るまでは非常に複雑で長い歴史と闘争が展開されていた・・・続きはこちら

世界の名曲の謎 短めのページ

クラリネットが壊れちゃった オーパッキャラマドとは?
謎の呪文 オーパッキャマラード パッキャマラード オパオパオパ!
スタンドバイミーと聖書の関係は?
映画主題歌としてリバイバルヒットした世界的スタンダードナンバー
通りゃんせの謎 行きはよいよい 帰りはこわい
江戸時代から伝わる伝統的なわらべうた モデルとなった神社など
ヤーレンソーランはヘブライ語だった?
ヤーレン ソーランソーランソーラン ソーランソーラン ハイハイ!
童謡「こぎつね」とスメタナ『モルダウ』との関係は?イスラエル国歌も
こぎつねコンコン山の中~♪ 懐かしき川よ、モルダウの~♪
マイムマイムってどういう意味?
運動会などのフォークダンスで定番の曲 旧約聖書に関連
せいくらべ 柱の傷は何故おととし?
柱のきずは おととしの 五月五日の 背くらべ
おおブレネリの謎 ブレネリって誰?
おおブレネリ あなたのおうちはどこ? 歌詞の謎に迫る
グリーンスリーブスはヘンリ8世を暗示していた?
私は貴方の真の恋人 もう一度ここに来て 私を愛してください
表彰式のBGMはヘンデル作曲だった
イングランド軍の勝利を讃えるヘンデル「見よ、勇者は帰る」
ハワイアン「アロハオエ」は少女の別れの歌だった
さようなら貴方 別れの前に優しい抱擁を
童謡「ぞうさん」 象がつなぐタイと日本との絆
上野動物園の初代「花子」に関するエピソード
童謡「シャボン玉」のルーツは賛美歌だった
「シャボン玉」は「主われを愛す」の生まれ変わりであるといわざるを得ない