クラーマー『ルソーの夢』と『むすんでひらいて』

むすんでひらいての謎 ドナドナ研究室

前のページ「見渡せば 歌詞の意味 小学唱歌」の資料で出てきた「Rousseau's Dream(ルソーの夢)」とは、1812年にヨハン・バプティスト・クラーマーが書いた変奏曲で、19世紀初頭のイギリスで流行した楽曲。

日本では、昭和53年に東京のヤマハ・ホールで開催されたルソー没後200年記念演奏会で初演されている。

ヨハン・バプティスト・クラーマー(1771-1858)は、ドイツのマンハイム生まれ。幼くしてロンドンに移る。有名な音楽家の師事を受け、ハイドンベートーヴェンとも親しかった彼は、18世紀から19世紀初頭にかけて、ロンドンのピアノ教育界になくてはならない人物だった。

むすんでひらいてのメロディに類似

クラーマーが作曲した変奏曲「ルソーの夢」は、1812年にイギリスの有名な音楽出版社であるサムエル・チャペルから刊行され、イギリス・フランス・ドイツで非常に人気を博していた。

「ルソーの夢」主題の導入部は、「村の占師」パントミムの冒頭部分の旋律以上に、私達が慣れ親しんでいる「むすんでひらいて」の旋律に非常に似通っており、やはりこの曲が「むすんでひらいて」の元になっているのだと実感させられる。

「ルソーの夢」とルソーの関係は?

クラーマーが作曲した「ルソーの夢」が「むすんでひらいて」の元歌だとしたら、音楽の本や楽譜などで「ルソー作曲」と記載されているのは何だったのだろうか?

「ルソーの夢」はルソー本人とは直接関係がないため、ここで「むすんでひらいて」と「作曲者ルソー」の間の連続性が断絶してしまったかのようにも見える。

果たして、「むすんでひらいて」と「作曲者ルソー」を結びつける事実は他にはないのだろうか?

次のページ 「ルソーの夢と村の占師を結びつけるもの」へ続く。

史料価値の高い研究向けアルバム

むすんでひらいての謎

おなじみの「むすんでひらいて」の起源と変遷をたどったユニークにして興味深いアルバムである。“起源”となったルソーの歌はもとより、さまざまな国に伝承され多彩なヴァリエーションを生んだ経緯が網羅される。分厚い解説書も資料的価値大。

むすんでひらいての謎 目次

  1. 様々な顔を見せる不思議な童謡
  2. ルソーと「村の占師」
  3. 小学校唱歌 「見渡せば」
  4. ルソーの夢
  5. 「ルソーの夢」と「村の占師」を結びつけるもの~まとめ
  6. なぜ「見渡せば」が定着しなかったのか?
  7. 賛美歌としての「むすんでひらいて」

関連ページ

ロディーおばさんに言っといで Go Tell Aunt Rhody
童謡『むすんでひらいて』とルーツが同じとされるアメリカ民謡。カプコンのゲームソフト「バイオハザード7 レジデント イービル(BIOHAZARD 7 Resident Evil)」テーマ曲・主題歌としてアレンジされた。
Lord, dismiss us with Thy blessing
『むすんでひらいて』と同じメロディで歌われる18世紀イギリスの讃美歌
ドナドナ研究室 世界の名曲の謎・ルーツを探る
『アメイジング・グレイス』、『森のくまさん』、『グリーン・グリーン』、『ドナドナ』など、日本でも有名な世界の名曲にまつわる面白エピソードや原曲のルーツ・謎に迫る研究ページ。