女心の歌 オペラ「リゴレット」より

ヴェルディ(Giuseppe Verdi/1813-1901)

『女心の歌 La donna è mobile』は、ヴェルディ作曲のオペラ・歌劇「リゴレット Rigoletto」第3幕に登場する有名なカンツォーネ

「リゴレット」は全3幕からなるオペラ。1851年にヴェネツィア・フェニーチェ劇場で初演された。ヴェルディ中期の傑作とされる。

写真は、歌劇「リゴレット」が初演されたヴェネツィア・フェニーチェ劇場の現代の内装。過去に2度の大きな火災で全焼しており、2003年12月14日に再建された。

ちなみに、フェニーチェ劇場では、ヴェルディの歌劇『椿姫(つばきひめ)』も初演されている。

有名なクラシック音楽 一覧へ

有名なオペラ・歌劇 一覧へ

【試聴】パヴァロッティ 女心の歌

歌詞・日本語訳(意訳)

La donna è mobile
qual piuma al vento,
muta d'accento
e di pensiero.

女は移り気
風に舞う羽のように
言葉や考えを
すぐに変えてしまう

Sempre un amabile
leggiadro viso,
in pianto o in riso,
è mensognero.

いつも可愛らしく
愛らしい表情だが
涙も笑顔も
それは偽り

E'sempre misero
chi a lei s'affida,
chi le confida,
mal cauto il core!

いつもみじめなのは
女に心を許してしまう者
うかつにも女を信じてしまう
何と軽率な心よ!

Pur mai non sentesi
felice appieno
chi su quel seno,
non liba amore!

だが女の胸の中に
幸せを見い出せない者は
この世の愛を味わうことはできないのだ!

関連ページ

ヴェルディ 有名な曲・代表曲
『アイーダ行進曲』、『怒りの日』、『乾杯の歌』など、ヴェルディの有名な曲の解説・YouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽 一覧
ショパン、モーツァルト、ベートーヴェンなど、日本でも有名なクラシック音楽の名曲・代表曲特集