乾杯の歌 オペラ『椿姫』より
Libiamo ne' lieti calici

ヴェルディ(Giuseppe Verdi/1813-1901)

ベスト・オブ・3大テノール

『乾杯の歌(Libiamo ne' lieti calici)』は、イタリアの作曲家ヴェルディによる1853年初演のオペラ『椿姫(つばきひめ)』第1幕で登場する劇中歌。

『椿姫』の初演当時は不評だったようだが、上演を重ねる毎に人気を呼び、今日ではヴェルディの代表作とされるだけでなく、世界のオペラ劇場の中でも最も上演回数が多い作品の一つに数えられている。

オペラ「椿姫」 原作のあらすじ・ストーリー

オペラ『椿姫(La traviata/ラ・トラヴィアータ)』は、フランスの小説家アレクサンドル・デュマ・フィス(Alexandre Dumas fils/1824-1895)が自身の実際の体験を基にして書いた長編小説『椿姫(La Dame aux camelias)』が原作となっている。

19世紀中ごろのパリ。夜の世界に生き、白い椿を好むために人々から『椿姫』と呼ばれたマルグリッド・ゴーティエは、贅沢三昧の生活に心身共に疲れ果てていた。

青年の正直な感情に戸惑うマルグリット

そこに現れたのが、友人に紹介された青年、アルマン・デュヴァルだった。青年の正直な感情に最初は戸惑いを覚えていたマルグリットだったが、今まで感じ取ったこともない誠実な愛に気づき、二人は相思相愛の仲となった。

マルグリットは享楽に溺れる生活を捨て、パリ近郊にあるアルマンの別荘で幸福の時を過ごすが、それは長くは続かなかった。息子のよからぬ噂を聞いて駆けつけたアルマンの父親が、マルグリットに息子と別れるように告げた。それを聞いて彼女は驚いたが、それでも真実の愛に満たされた彼女はある決意をした…。

その他の有名な「乾杯の歌」

ドイツはビールで「乾杯の歌」

「椿姫」で歌われる『乾杯の歌』とは直接関係はないが、ドイツで毎年9月下旬から開催されるビール祭「オクトーバーフェスト」では、乾杯ソング「Ein Prosit アイン プロージット」が歌われる。ドイツの陽気な「乾杯の歌」も是非一度聴いてみていただきたい。

ドイツの乾杯ソング「Ein Prosit アイン プロージット」

アメリカ・メイン州立大学の「乾杯の歌」

これもオペラ「椿姫」とは関係が無いが、アメリカ・メイン州立大学の学生歌・応援歌として歌われる「乾杯の歌」も比較的有名。日本では、かつて紅白歌合戦のオープニングにおける歌手入場行進曲として用いられていた。

アメリカの乾杯ソング「乾杯の歌 Maine Stein Song」

有名なクラシック音楽 一覧へ

【試聴】乾杯の歌 オペラ『椿姫』 第1幕より

関連ページ

ヴェルディ 有名な曲・代表曲
『アイーダ行進曲』、『怒りの日』、『乾杯の歌』など、ヴェルディの有名な曲の解説・YouTube動画の視聴
有名なクラシック音楽 一覧
ショパン、モーツァルト、ベートーヴェンなど、日本でも有名なクラシック音楽の名曲・代表曲特集