フィンランディア賛歌

シベリウス交響詩『フィンランディア』に基づくフィンランド愛国歌

『フィンランディア賛歌 Finlandia Hymn』は、フィンランド出身の作曲家シベリウスによる交響詩『フィンランディア』の一部のメロディを合唱向けに編曲したフィンランド愛国歌。第2の国歌としても愛唱されている。

フィンランドのヘルシンキ大聖堂

写真:フィンランドのヘルシンキ大聖堂(出典:Wikipedia)

歌詞は、フィンランドの詩人コスケンニエミ(Veikko Antero Koskenniemi/1885-1962)によって作詞された。

『フィンランディア賛歌』が誕生した1941年当時、フィンランドは隣国ロシア(ソビエト連邦)の侵略により国家存亡の危機にあり、ロシアに対抗して奮起するフィンランド人の決意に満ちた熱い魂が歌詞の内容にも反映されている。

ちなみに『フィンランディア』は、ブルース・ウィリス主演のアメリカ映画「ダイ・ハード2 Die Hard 2」(1990年)エンディング曲として使用された。同作の監督は、フィンランド出身のレニー・ハーリン(Renny Harlin/1959-)。

YouTube動画の視聴

歌詞の意味

1.
Oi, Suomi, katso, sinun päiväs' koittaa,
Yön uhka karkoitettu on jo pois,
Ja aamun kiuru kirkkaudessa soittaa,
Kuin itse taivahan kansi sois'.
Yön vallat aamun valkeus jo voittaa,
Sun päiväs' koittaa, oi synnyinmaa.

おお、スオミ(フィンランド国民の自称)
汝の夜は明け行く
闇夜の脅威は消え去り
輝ける朝にヒバリは歌う
それはまさに天空の歌
夜の力は朝の光にかき消され
汝は夜明けを迎える 祖国よ

2.
Oi, nouse, Suomi, nosta korkealle,
Pääs' seppelöimä suurten muistojen.
Oi, nouse, Suomi, näytit maailmalle,
Sa että karkoitit orjuuden,
Ja ettet taipunut sa sorron alle,
On aamus' alkanut, synnyinmaa.

おお立ち上がれスオミ 高く掲げよ
偉大なる記憶に満ちた汝の頭を
おお立ち上がれスオミ 汝は世に示した
隷属のくびきを断ち切り
抑圧に屈しなかった汝の姿を
汝の夜は明けた 祖国よ

讃美歌『This Is My Song』

『フィンランディア賛歌』とメロディを同じくする讃美歌は数多く存在するが、中でも『This Is My Song』はアメリカを中心に比較的広く知られている。2節目の歌詞から『A Song of Peace』と題されることもある。

歌詞の作詞者は、アメリカの詩人ロイド・ストーン(Lloyd Stone/1912-1993)。交響詩『フィンランディア』の合唱パートとして歌われることもあるようだ。

【視聴】 "This is my song, O God of all the nations"

1.
This is my song, Oh God of all the nations,
A song of peace for lands afar and mine.
This is my home, the country where my heart is;

Here are my hopes, my dreams, my sacred shrine.
But other hearts in other lands are beating,
With hopes and dreams as true and high as mine.

これは我が歌 すべての国の神
遠方の土地や祖国への平和の歌
これは我が家 私の心が宿る国

ここには私の希望が、夢が、そして神聖なる聖地がある
しかし他の土地の他の心も
私と同じく希望と夢に脈打っている

2.
My country's skies are bluer than the ocean,
And sunlight beams on cloverleaf and pine.
But other lands have sunlight too and clover,

And skies are everywhere as blue as mine.
Oh hear my song, oh God of all the nations,
A song of peace for their land and for mine.

我が祖国の空は海よりも青く
日差しはクローバーやマツに降り注ぐ
けれど他の土地にも日差しやクローバーはある

そして空はどこでも同じように青い
おお 我が歌を聴け おお全ての国の神よ
すべての国への平和の歌を

ウェールズの賛歌にも

イギリス(グレートブリテンおよび北アイルランド連合王国)を構成する国(country)のひとつ、ウェールズ(Wales)の愛唱歌『Gweddi dros Gymru(A Prayer for Wales)』も、『フィンランディア賛歌』と同様のメロディが用いられた楽曲として知られている。同曲は、ウェールズ第2の国歌としても愛唱されているという。

作詞者は、ウェールズの政治家でバプテスト派の牧師でもあるルイス・エドワード・バレンタイン(Lewis Edward Valentine/1893–1986)。タイトルは、冒頭の歌詞から『Dros Gymru'n gwlad』とも表記される。ウェールズのシンガーソングライター、ダヴィズ・イワン(Dafydd Iwan)もカバーしている。

【視聴】 Dros Gymru'n Gwlâd (A Prayer for Wales/Finlandia)

関連ページ

シベリウス 交響詩『フィンランディア』
フィンランドは目覚める!帝政ロシアの圧政に屈しないフィンランドの熱い魂
やすかれわがこころよ Be Still My Soul
シベリウス『フィンランディア』が讃美歌・聖歌に
シベリウス 有名な曲・代表曲
フィンランドの作曲家ジャン・シベリウス(Jean Sibelius/1865-1957)の有名な楽曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴まとめ。
サッキヤルヴェン・ポルカ(ポルッカ)
ロシアに奪われたカレリア地方をいつか取り戻さんと、カレリア地方のサッキヤルヴィを題材としたフィンランド歌謡
フィンランド民謡・童謡 有名な曲
『イエヴァン・ポルカ』、『サッキヤルヴェン・ポルカ』、『カレリアの丘』など、有名なフィンランド民謡・童謡