やすかれわがこころよ Be Still My Soul

シベリウス『フィンランディア』が讃美歌・聖歌に

『やすかれわがこころよ Be Still My Soul』は、フィンランドの作曲家ジャン・シベリウスの交響詩『フィンランディア』の旋律が用いられた讃美歌・聖歌。

歌詞は、18世紀ドイツ福音教会の修道女カタリーナ・シュレーゲル(Katharina Amalia Dorothea von Schlegel/1697–1768)による詩「Stille, mein Wille! dein Jesus hilft siegen」が用いられている。

シベリウス『フィンランディア』のメロディは別の歌詞もつけられ、合唱曲『フィンランディア賛歌』としてフィンランド愛国歌となっている。

写真:フィンランドのヘルシンキ大聖堂(出典:Wikipedia)

【試聴】讃美歌298番 やすかれ わがこころよ

【試聴】Be Still My Soul

【試聴】Stille Mein Wille (Be Still My Soul -- German)

歌詞の意味

Be still, my soul,
the Lord is on thy side;
Bear patiently the cross
of grief or pain.

心安らかに 主は汝のそばに
苦しみ・痛みの十字架を耐え抜くのです

Leave to thy God
to order and provide;
In every change He,
faithful, will remain.

すべてを神にゆだねなさい
いかなる時も主は誠実であられます

Be still, my soul,
thy best, thy heavenly friend
Through thorny ways
leads to a joyful end.

心安らかに 汝の最高の天界の友
いばらの道は喜びに満ちた終末へ続くのです

讃美歌 『やすかれわがこころよ』

安かれ 我が心よ
主イェスは ともにいます
痛みも 苦しみをも
雄々しく 忍び耐えよ
主イェスの ともにませば
耐え得ぬ 悩みはなし

関連ページ

シベリウス 有名な曲・代表曲
『フィンランディア』、『カレリア組曲』、『トゥオネラの白鳥』など、フィンランドの作曲家ジャン・シベリウスの有名な曲 解説と視聴まとめ
フィンランディア讃歌 歌詞と視聴
シベリウス『フィンランディア』のメロディに歌詞をつけたフィンランド愛国歌