スッペ「軽騎兵」序曲

オペレッタ「軽騎兵」で演奏されるスッペの代表作

冒頭のトランペットによるファンファーレが特に有名な序曲「軽騎兵(けいきへい)」は、オーストリアの作曲家フランツ・フォン・スッペの代表作。

もともとは全2幕のオペレッタ作品「軽騎兵 Leichte Kavallerie(Light Cavalry)」において演奏される曲目で、肝心のオペレッタ自体は現代ではほとんど演じられていない。

スッペ(Franz von Suppé/1819-1895)は、ウィーン(オーストリア)を代表する作曲家。数多くのオペレッタやバレエ音楽などの舞台音楽を残した。

代表作としては、この「軽騎兵」のほか、オペレッタ「詩人と農夫 Dichter und Bauer (Poet and Peasant)」中の序曲が今日でも比較的有名で、コンサートなどで演奏される機会がある。

【試聴】スッペ「軽騎兵」より序曲

オペレッタとは?

オペレッタは、19世紀のパリから起こったオーケストラ付きの歌劇。軽歌劇や喜歌劇とも表記され、基本的には明るいコメディ(喜劇)作品が多い。

有名なオペレッタ作品としては、オッフェンバック「天国と地獄」ヨハン・シュトラウス2世「こうもり」、レハール「メリー・ウィドウ」などが世界的に知られている。

序曲とは?

序曲(Overture)とは、オペラや劇付随音楽などのストーリーや雰囲気を伝える前置き的な作品。やがて前奏曲や交響詩、交響曲などへ発展し、今日では独立した作品として作曲され、演奏会などで披露されるケースが多い。

有名な序曲としては、チャイコフスキー「大序曲1812年」ロッシーニ「ウィリアムテル序曲」などがある。

その他の序曲作品については、こちらの特集ページ「有名な序曲・間奏曲・前奏曲」で。

関連ページ

トランペットの有名な曲・名曲
トランペットが印象的に用いられる有名なクラシック音楽の名曲まとめ
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画の視聴