山の魔王の宮殿にて
グリーグ 組曲『ペール・ギュント』より

エドヴァルド・グリーグ(Edvard Hagerup Grieg/1843-1907)

組曲『ペール・ギュント』は、ノルウェーの作曲家グリーグ(グリーク)による1875年の作品。

元々は、1876年に初演されたノルウェーの劇作家ヘンリック・イプセンの戯曲『ペール・ギュント (Peer Gynt)』の劇音楽だった。後に全27曲の劇音楽の中から8曲が選び出され、4曲ずつそれぞれ第1組曲、第2組曲と改作された。

挿絵:スウェーデンの画家John Bauerの描くノルウェーの妖精トロール

北欧のショパン グリーグとは?

グリーグは、ノルウェーの民族音楽から深い影響を受けた国民楽派の作曲家。ピアノのために数多くの小品を残しており、「北欧のショパン」と呼ばれることがある。

日本では、数あるグリーグの作品の中でも、この組曲『ペール・ギュント』とイ短調のピアノ協奏曲(特に第一楽章)が有名。

山の魔王って何? となりのトトロの原型?

「山の魔王」とは、物語の主人公ペール・ギュントが山の中で出会った妖精トロールの王。ノルウェーでは、現在でもトロールの存在を信じている人が多く、日常生活でふっと物が無くなった際には「トロールのいたずら」と言われるほど。

どのような存在であるかについては様々な描写があり、一定しない。ただし、鼻や耳が大きく醜いものとして描かれることが多い。ちなみに、スタジオジブリのアニメ映画作品『となりのトトロ』(監督:宮崎駿)もこの妖精「トロール」から着想を得たものと考えられる。

曲目一覧

グリーグ ペールギュント
グリーグ:ペール・ギュント

第1組曲(Suite No. 1, Op. 46/1888)

第2組曲(Suite No. 2, Op. 55/1891)

北欧のショパン グリーグ特集へ

有名なクラシック音楽の名曲 解説と視聴

【試聴】グリーグ 組曲『ペール・ギュント』より 『山の魔王の宮殿にて』

北欧のショパン グリーグ特集へ

有名なクラシック音楽の名曲 解説と視聴