組曲『ペール・ギュント』より『朝』

エドヴァルド・グリーグ(Edvard Hagerup Grieg/1843-1907)

『朝』は、ノルウェーの作曲家グリーグによる1875年の組曲『ペール・ギュント』の一曲。

曲名のとおり、テレビ番組などで朝に関連するシーンでスポットBGMとして使われることがある。

元々は、1876年に初演されたノルウェーの劇作家ヘンリック・イプセンの戯曲『ペール・ギュント (Peer Gynt)』の劇音楽だった。

後に全27曲の劇音楽の中から8曲が選び出され、4曲ずつそれぞれ第1組曲、第2組曲と改作された。

【試聴】グリーグ 組曲『ペール・ギュント』より 『朝』

北欧のショパン グリーグとは?

グリーグは、ノルウェーの民族音楽から深い影響を受けた国民楽派の作曲家。ピアノのために数多くの小品を残しており、「北欧のショパン」と呼ばれることがある。

日本では、数あるグリーグの作品の中でも、この組曲『ペール・ギュント』とイ短調のピアノ協奏曲(特に第一楽章)が有名。

第1組曲

Suite No. 1, Op. 46

第2組曲

Suite No. 2, Op. 55

関連ページ

グリーグの有名な曲・代表曲
『ピアノ協奏曲イ短調』、組曲『ペール・ギュント』など、数多くのピアノ小品を残し、「北欧のショパン」とも称されるノルウェーの作曲家グリーグの有名な曲まとめ。
有名なクラシック音楽の名曲・代表曲
バッハ、ベートーヴェン、モーツァルト、ショパン、チャイコフスキーなど、有名なクラシック音楽家による名曲・代表曲の解説とYouTube動画まとめ