操り人形の葬送行進曲 グノー

スリラー映画の巨匠ヒッチコック監督のテーマ曲

『操り人形の葬送行進曲』は、19世紀フランスの作曲家シャルル・グノーによる器楽曲。スリラー映画の巨匠ヒッチコック監督のテーマ曲として世界的に有名。

実際にこの曲が用いられたのは、アメリカで放送されたテレビ番組「Alfred Hitchcock Presents」。1955年から30年に渡ってヒッチコック監督がストーリーテラーを務めた。

日本では『ヒッチコック劇場』として、1957年、1963年、1985年などの時期に放送され、グノー『操り人形の葬送行進曲』が「ヒッチコックのテーマ」として広く定着した。

『操り人形の葬送行進曲』以外のグノーの代表曲としては、他に『アヴェ・マリア』、『ファウスト』、『ロメオとジュリエット』などがある。

ちなみに、グノー『アヴェ・マリア』は、『シューベルトのアヴェマリア』、『カッチーニのアヴェマリア』と並び、3大アヴェマリアと称され親しまれている。

【試聴】操り人形の葬送行進曲

【試聴】Funeral March for a Marionette

グノー『アヴェ・マリア』