家路 Goin' Home

ドヴォルザークの弟子が歌詞をつけたアメリカの楽曲

『Goin' Home』(Going Home/家路)は、ドヴォルザークの交響曲第9番ホ短調「新世界より」第2楽章のメロディに基づき、1922年に作詞されたアメリカの楽曲

歌詞をつけたのは、ドヴォルザークの弟子で、カリフォルニア出身の音楽家ウィリアム・フィッシャー(William Arms Fisher/1861–1948)。

日本では、文学者・作詞家の野上彰(のがみ あきら/1909-1967)が『家路(いえじ)』のタイトルで日本語の歌詞をつけている。フィッシャーによる英語の歌詞とは関係がないようだ。

同じメロディに日本語歌詞がつけられた作品としては、堀内敬三が作詞した『遠き山に日は落ちて』が有名。これに比べて野上氏による『家路』の方は知名度はそれほど高くない。

写真:ネバダ州「スパークス・マリーナ・パーク」の夕焼け(出典:bostonglobe)

【試聴】Going Home Antonin Dvorak BYU Choir

歌詞(一部)・日本語訳(意訳)

Goin' home, goin' home,
I'm a goin' home;
Quiet-like, some still day,
I'm jes' goin' home.
It's not far, jes' close by,
Through an open door;
Work all done, care laid by,
Gwine (or: Goin') to fear no more.

帰ろう 帰ろう 家路へと
静かなる日々 家路へと
遠からず 近きにあり
いつでも迎えてくれる
仕事も終わり 優しき心溢れ
もう恐れる心配などない

Mother's there 'spectin' me,
Father's waitin' too;
Lots o' folk gather'd there,
All the friends I knew,
All the friends I knew.
Home, I'm goin' home!

私を待ってる父母がいて
沢山の人々が集まる
心ゆるせる友人達
家路へ 家路へ

『家路』 作詞:野上彰

1.
響きわたる 鐘の音に
小屋に帰る 羊たち
夕日落ちた ふるさとの
道に立てば なつかしく
ひとつひとつ 思い出の
草よ花よ 過ぎし日よ
過ぎし日よ

2.
やがて夜の 訪れに
星のかげも 見えそめた
草の露に ぬれながら
つえをついて 辿るのは
年を老いて 待ちわびる
森の中の 母の家
母の家

関連ページ

遠き山に日は落ちて
『家路 Goin' Home』と同じメロディ
ドヴォルザーク 交響曲第9番「新世界」より
アメリカ滞在中(1892-1895)中に作曲されたドヴォルザーク最後の交響曲

クラシック音楽に基づくNHK「みんなのうた」

白い道
ヴィヴァルディ「ヴァイオリン協奏曲 ヘ短調」より『冬』第2楽章のメロディ
小さな木の実
ビゼー作曲のオペラ『美しきパースの娘』のメロディに基づく