Romance Anonimo
愛のロマンス(禁じられた遊び)

クラシックギターの名曲

ルビーラ「ギター練習曲」がルーツ? ウクライナ民謡との関係は?

イエペス 禁じられた遊び~アランフェス協奏曲

クラシックギターの名曲『愛のロマンス Romance』は、1952年のフランス映画「禁じられた遊び(Les Jeux Interdits)」テーマ曲として、ギター奏者Narciso Yepes(ナルシソ・イエペス)による演奏で世界的に有名になった。

映画と曲の結びつきが強いようで、日本では特に『禁じられた遊び』の曲名で広く定着しているように見受けられる。日本語の歌詞も複数つけられており、美空ひばりが世界の名曲を歌ったアルバム『ひばり世界をうたう』でもその日本版の一つを聴くことができる。

『禁じられた遊び』は、言うまでもなくクラシックギター学習者にとっては定番中の定番曲。楽譜・TAB譜も数多く出版されており、入門曲的な扱いを受けることもあるようだが、実際に弾こうとしてみると結構難しい。でも人前でうまく弾けたらカッコイイ。

【試聴】 愛のロマンス(禁じられた遊び)

ルーツを巡る諸説あれこれ まとめ

『愛のロマンス』、または『禁じられた遊び』のルーツについては、ネットを検索すると「スペイン民謡」との解説がなされているのをよく見かける。

一方で、あまりよく知られていない、とある人物が19世紀にアルゼンチンで発表したギター練習曲が原曲とする解説も少なくないようだ。

はっきりと確定した答えはまだ出ていないようだが、筆者の私見ではおそらく後者の説、すなわち近代に作曲されたギター練習曲がルーツである可能性が高いように思われる。この練習曲もある民謡からの影響が見られるが、それはスペイン民謡かどうかは正直疑問。

まずは順番に年代・時間をさかのぼって、『禁じられた遊び』のルーツまで順を追って解説を試みたい。

1941年 映画「血と砂」サントラ

フランス映画「禁じられた遊び」からさかのぼること10年、1941年のアメリカで、恋愛映画「血と砂 Blood and Sand」が公開された。

スペイン一の闘牛士がマダムの誘惑に溺れていくというオペラ「カルメン」をこじらせたようなこの作品で、マドリード出身のギター奏者であるビセンテ・ゴメス(Vicente Gómez/1911-2001)の演奏により、『愛のロマンス Romance』がサントラとして使用された。

このビセンテ・ゴメスは『愛のロマンス』の作者として当時はクレジットされていたようだが、今日では作曲者ではないことが明らかになっているようだ。

1931年 フォルテア編曲版

ナルシソ・イエペスやビセンテ・ゴメスが演奏した『愛のロマンス Romance』に最も近いアレンジとして楽譜が確認されているのが、スペインの音楽家ダニエル・フォルテア(Daniel Fortea/1882-1953)による1931年の編曲版。

アルペジオの形が今日よく知られているものと同じであり、フォルテア版以前はアルペジオの部分が異なっている。フォルテアは楽譜に「作者不詳のロマンス」と記したため、曲のルーツへの情報が断絶されてしまっているのが残念。

1880年代 アントニオ・ルビーラ(Antonio Rubira)版

作曲者として今日最も有力なのが、スペイン・ムルシア県ロルカ町出身のギター奏者アントニオ・ルビーラ(ルビラ/Antonio Rubira/1825-1890)。

1881年から1884年の間、アルゼンチンのブエノスアイレスに渡ってクラシックギターを教えており、現地で出版したギター練習曲「Estudio para Guitarra」が、今日の『愛のロマンス Romance』、すなわち『禁じられた遊び』の原曲とされているようだ。

南米では恐らく、映画『禁じられた遊び』サントラとしてではなく、ルビーラのギター練習曲としての知名度の方が高い可能性が考えられるが、実際のところはどうなのだろうか?

ルビーラの練習曲のルーツは?

今日ではアントニオ・ルビーラによるギター練習曲がルーツとされているが、もちろんこのルビーラのギター練習曲にもルーツがある可能性がある(キリがないが)。

もしこのルビーラの曲のルーツが、世界各国のいずれかの国や地域の民謡だったとしたら、そしてそれがもしスペイン民謡だったとしたら、ギター曲『禁じられた遊び(愛のロマンス)』のルーツは「スペイン民謡」とすることには一理あることになる。

では、実際にルビーラによるギター練習曲に似た世界の民謡は存在するのだろうか?実は、そのルーツとして名乗りを上げるべきウクライナ民謡が存在する。

ルーツはウクライナ民謡?

そのウクライナ民謡とは、『Nich Yaka Misyachna』と題される曲で、意味は「Beautiful Moonlight」すなわち「美しい月光」。ヨーロッパやロシアで比較的よく知られている曲だ。YouTubeでもいくつか動画がアップされていた(2013年9月現在)ので、まずは動画を視聴してみていただきたい。

【試聴】 ウクライナ民謡 『Nich Yaka Misyachna』

ウクライナ民謡『Nich Yaka Misyachna』を聴いてみると、今日におけるギター曲『禁じられた遊び(愛のロマンス)』そのもののメロディではないことはすぐに分かるが、ルーツとして名前を上げるには十分な類似性を備えた曲であるように思われる。ロシア民謡的な雰囲気がいい感じの曲だ。

もしこのウクライナ民謡とルビーラの曲が何らかの関係にあるとしたら、ギター曲『禁じられた遊び(愛のロマンス)』はウクライナ民謡?なんて突飛な解説も登場しそうな勢いだが、まあそれはそれで面白そうだ。

ちなみに、タイトル「美しい月光」というと、ベートーヴェン ピアノソナタ第14番「月光」、いわゆる月光ソナタが思い出されるが、このベートーヴェンの月光ソナタでもアルペジオが駆使されており、このウクライナ民謡との関連性がありそうだが、実際のところはどうなのだろうか。

最後に

ルビーラのギター練習曲のルーツが判明しないため、ギター曲『禁じられた遊び(愛のロマンス)』のルーツについてもはっきりしたことは分からなかった。

ルビーラが世界の民謡・既存のメロディから全く切り離されたオリジナリティの高いギター曲を一から新たに創作したのであれば、それ以上ルーツを探る必要もないことになるが、おそらく何らかの既存のメロディからインスピレーションを受けていることは想像に難くない。

それがどんなメロディなのか、スペイン民謡なのか、ウクライナ民謡なのか、当時の流行歌なのか、今となってはあまりに資料が少なく確認する方法がない。

いずれにせよ、ルーツなんて分からなくても、ギター曲『禁じられた遊び(愛のロマンス)』を楽しむのにはまったく支障がない。やはり音楽は素直に感じるままに楽しむのが一番だ。

とは言え、若干不毛とも言えるルーツ探りに時間を費やすのも結構面白かったりするので、また何か新たな情報が判明次第、このページに追記していく予定だ。ある意味ロマンだね。愛のロマンスだけに(お粗末)。

ホーム > 世界各国の歌 > スペイン民謡・クラシックギター >
ホーム > 世界各国の歌 > スペイン民謡・クラシックギター >