案山子 かかし

日本の童謡・唱歌/山田の中の 一本足の案山子

『案山子(かかし)』は、明治44年(1911年)『尋常小学唱歌 第二学年用』に掲載された。田んぼや畑でカラスなどの害獣を追い払うための人形『案山子(かかし)』が曲のテーマとなっている。

かかしの語源は?

『案山子(かかし)』の語源については諸説あるが、一説によれば、獣肉を焼き焦がして串に通し、地に立て匂いを嗅がせて害獣を遠ざける「嗅がし(カガシ)」に由来するとのこと。

また、漢字の「案山子」は、元々中国の僧侶が用いた言葉で、「案山」は山の中でも平らな場所を差し、「子」は人や人形を意味するという。

試聴・歌詞:『案山子 かかし』

山田の中の 一本足の案山子
天氣のよいのに 蓑笠着けて
朝から晩まで ただ立ちどほし
歩けないのか 山田の案山子

山田の中の 一本足の案山子
弓矢で威して 力んで居れど
山では烏が かあかと笑ふ
耳が無いのか 山田の案山子