村祭 むらまつり

日本の童謡・唱歌/村の鎮守の神様の 今日はめでたい御祭日

「村祭(むらまつり)」は、1912年(明治45年)刊行の小学校向け音楽教科書「尋常小学唱歌」に掲載された日本の民謡・唱歌

「村祭」以外には、「かたつむり」、「春の小川」、「故郷」、「朧月夜(おぼろづきよ)」、「茶摘(ちゃつみ)」など、今日まで歌い継がれる様々な唱歌が掲載されていた。

なお「村祭」の作詞者については、近年の研究で、「夕日」(ぎんぎんぎらぎら夕日が沈む)の葛原しげる氏が作詞者として有力視されている。

【関連ページ】 夏祭り・お祭りソング特集へ

日本の民謡・童謡・唱歌 歌詞と視聴

試聴・歌詞『村祭 むらまつり』

村の鎮守の神様の
今日はめでたい御祭日
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
朝から聞こえる笛太鼓

年も豊年満作で
村は総出の大祭
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
夜までにぎわう宮の森

治まる御代に神様の
めぐみ仰ぐや村祭
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
ドンドンヒャララ ドンヒャララ
聞いても心が勇み立つ

関連ページ

夏祭り・盆踊りの曲
東京音頭、東京五輪音頭、花笠音頭など、有名な夏祭り・盆踊りの歌まとめ
尋常小学唱歌 有名な唱歌
日本人の作曲家による日本独自の楽曲が用いられた文部省唱歌