フィリピンの田植え歌

フィリピン民謡『Magtanim Ay Di Biro

『フィリピンの田植え歌』は、フィリピンを代表する民謡『Magtanim Ay Di Biro』。英語圏でも『Planting Rice』(プランティング・ライス)の曲名で英語の歌詞がつけられ歌われている。

日本では、NHK「みんなのうた」で1963年6月に初回放送された。作詞は植村敏夫。

田植えは、苗を植え終わるまで、座ることもできず、立つこともできない。『フィリピンの田植え歌』の歌詞は、重労働である田植えの厳しさ、過酷さをつづる内容となっている。ただ、メロディは明るい。

【試聴】フィリピン民謡『Magtanim Ay Di Biro

米の生産量は多いが自給率は低い?!

農業国であるフィリピンは米の生産が盛んに行われており、稲作による米の生産量は、2014年現在で毎年約1500万トンにものぼる(世界第8位)。

そんな米生産国であるフィリピンだが、米の自給率は非常に低い。なんと、フィリピンは世界最大の米輸入国なのである。

世界有数の米生産国が、大量の米を輸入しているというジレンマはフィリピンの社会問題となっており、原因としては過剰な人口や農業生産性の低さ、フィリピン政府・官僚の腐敗などがあげられている。

関連ページ

オーストラリア民謡・オセアニア民謡
有名なオーストラリア民謡と、ニュージーランドやフィリピンなど周辺の島国に伝わる民謡を特集