吹雪の晩 ふぶきのばん 北原白秋

ふぶきの晩です 夜ふけです どこかでよがもが 鳴いてます

『吹雪の晩』(ふぶきのばん)は、作詞:北原白秋、作曲:草川信による日本の童謡。1923年(大正12年)に「赤い鳥 童謡 第七集」で発表された。

歌詞の末尾では、「です」「ます」調が意図的に多用され、曲全体の独特なリズム感を演出している。

2番の歌詞では、「鈴」「そり」「何かが来る」といったキーワードから、クリスマスのサンタクロースを暗示しているように想像される。

「ですます」調の「ます」と、クリスマスの「マス」が掛詞(かけことば)になっているのだとしたら面白い。

【試聴】吹雪の晩 倍賞千恵子

歌詞

ふぶきの晩です 夜ふけです
どこかでよがもが 鳴いてます
あかりもちらちら 見えてます
わたしは見てます 待ってます
なんだかそわそわ 待たれます
うちではとけいも なってます

鈴ですなります 聞こえます
あれあれそりです もうきます
いえいえ風です ふぶきです
それでも見てます 待ってます
何かが来るよな 気がします
遠くでよがもが 鳴いてます

歌詞の補足

「よがも」とは「夜鴨」、つまり冬鳥のカモのこと。

日本の抒情歌『里の秋』の歌詞でもこの「夜鴨」が登場する。

関連ページ

北原白秋 有名な童謡・歌曲・代表曲
『からたちの花』、『この道』、『ゆりかごのうた』など、詩人・童謡作家の北原 白秋による有名な童謡・歌曲まとめ
冬の童謡・唱歌・日本のうた
『雪(ゆきやこんこ)』、『冬景色』、『たきび』など、冬を感じる日本の歌・世界の歌まとめ