スワローテイル・ジグ Swallowtail Jig

フィドルやティン・ホィッスルで演奏される定番のジグ

『Swallowtail Jig』(スワローテイル・ジグ)は、アイルランドの伝統的なジグ(舞曲)の一つ。フォークダンス曲『The Dancing Master』(ダンシング・マスター)としても知られる。

主にフィドルやティン・ホィッスルで演奏されるが、YouTubeではマンドリンやバンジョー、ギターなどの演奏動画もよくアップされている。

曲名「ツバメの尾」について

曲名については、「Swallowtail」で「ツバメの尾」といった意味になるが、それがこのジグとどういう点でつながるのかは不明。

ツバメの尾は長く切れ込みがある二股のような形をしており、燕尾服(swallow tail coat)の名前の由来ともなっている。

ちなみに、アゲハチョウは、後翅(こうし/後ろの羽)が後ろへ突起状に突き出ており、それがツバメの尾のように見えることから、「Swallowtail Butterfly スワローテイル・バタフライ」と呼ばれている。

【試聴】 Swallowtail Jig - Irish Fiddle Tune!

関連ページ

モリソンズ・ジグ Morrison's Jig
アイルランドのフィドル奏者ジェームズ・モリソンによるジグの名曲
アイルランド民謡 有名な曲
『ダニーボーイ』、『サリーガーデン』、『夏の名残のバラ』など、日本でも有名なアイルランド民謡・歌曲の歌詞と解説・日本語訳