幼子イエスの眠り
Le Sommeil de l’Enfant Jesus

小学校の音楽教科書の一曲『夕やけ雲』原曲

『幼子イエスの眠り Le Sommeil de l’Enfant Jesus』(ル・ソメイユ・ド・ランファン・ジェズュ)は、19世紀フランスの讃美歌・キャロル。

歌詞の内容は、ベツレヘムの馬小屋での「キリスト降誕」が描写されている。内容的にクリスマスシーズンに歌われる古いクリスマス・キャロルの一曲。

作曲者は、19世紀ベルギーの作曲家フランソワ=オーギュスト・ジュヴァール(François-Auguste Gevaert/1828-1908)。フランスでも活躍した。

【試聴】Le Sommeil de l’Enfant Jesus

音楽の授業で歌ったメロディ?

ちなみに、日本の小学校における音楽の授業では、別の日本語歌詞をつけた『夕やけ雲』(作詞:野上彰)という曲として音楽教科書に掲載されていた時期がある。

夕やけ雲』の作曲者として「ゲバルト」のカタカナ表記が見られるが、これはジュヴァールの「Gevaert」をドイツ語的に読んだものと思われる。

余談だが、カメラのフィルムメーカーとして有名なアグフア(AGFA)社の正式名称は「Agfa-Gevaert N.V.(アグフア・ゲバルト株式会社)」。本社はベルギー。

アグフア創業者(の一人)は19世紀ドイツの作曲家フェリックス・メンデルスゾーンの息子、パウル・メンデルスゾーン・バルトルディ。

歌詞の一例・日本語訳(意訳)

Entre le boeuf et l'âne gris
Dort, dort, dort le petit Fils.

牛とロバの小屋で
眠れ、眠れ、眠れ幼子

Refrain:
Mille anges divins
Mille séraphins
Volent alentour
De ce grand Dieu d'amour.

幾千もの聖なる天使が
幾千ものセラフィムが
偉大なる愛の神を祝福する

関連ページ

夕やけ雲
小学校の音楽の教科書に掲載された歌。『幼子イエスの眠り Le Sommeil de l’Enfant Jesus』のメロディが用いられている。
有名なフランス民謡・童謡
『クラリネットをこわしちゃった』、『フレール・ジャック』など、日本でも有名なフランス民謡・童謡の歌詞と日本語訳
クリスマスソング特集 ハッピークリスマス!
イエス・キリストの降誕を祝うクリスマスシーズンによく耳にする有名なクリスマスソング・キャロル特集