有名なスタンダードジャズ・ジャズ風ポップ

世界的に有名なジャズの名曲・代表曲 解説と視聴

A列車で行こう Take the A Train
「A列車」とは、ブルックリン東地区からハーレムを経てマンハッタン北部を結ぶニューヨーク市地下鉄の8番街急行線のこと。
二人でお茶を Tea for Two
ブロードウェイのプロデューサー兼作曲家ビンセント・ユーマンと劇作家アーヴィン・シーザーのコンビによる1925年のミュージカル『ノー・ノー・ナネット』向けの作品。
モーニン Moanin'
ジャズ界の巨匠アート・ブレイキー&ジャズ・メッセンジャーズによる1958年のアルバム作品。
テイク・ファイブ Take Five
4分の5拍子のリズムが特徴的なジャズ・ナンバー。ウェスト・コースト・ジャズを代表する曲。
踊るリッツの夜 Puttin' On the Ritz
『ホワイト・クリスマス』、『ゴッド・ブレス・アメリカ』を手がけたアーヴィング・バーリン作曲
バードランドの子守唄
エラ・フィッツジェラルド(Ella Fitzgerald)カバー盤がオススメ
Somebody Stole My Gal 吉本新喜劇テーマ曲?
誰かがあの娘を奪っていった。寂しい僕の姿を見たら、きっと戻ってきてくれる。
思い出のサンフランシスコ
トニーベネットの代名詞的大ヒット曲 フランク・シナトラも絶賛
マイ・ファニー・ヴァレンタイン
マイルス・デイヴィス、フランク・シナトラ、数多くのアーティストがカバー
素敵なあなた Bei Mir Bist Du Schön
アンドリュー・シスターズ(The Andrews Sisters)の歌でヒットした1937年のジャズナンバー
セントルイス・ブルース
ルイ・アームストロングの演奏がグラミー賞の殿堂入り
シング・シング・シング
アメリカの歌手・トランペット奏者ルイ・プリマが1936年に作曲したスウィングジャズの名曲。映画「スウィング・ガールズ」でも有名。
ラウンド・ミッドナイト
マイルス・デイヴィスによるトランペット演奏が特に有名
イッツ・オンリー・ア・ペーパー・ムーン
ナット・キング・コールのレパートリーとしても有名なジャズ
ビギン・ザ・ビギン
アーティー・ショー楽団によるアレンジで世界的に大ヒット
明るい表通りで On the Sunny Side of the Street
ブロードウェイ・ミュージカル曲がジャズ・スタンダードに
ミスティ Misty
ジャズ・ピアニスト エロル・ガーナーの代名詞的ジャズ・バラード
テンダリー Tenderly‬‏
ローズマリー・クルーニーの歌で有名なジャズ・バラード
聖者の行進(聖者が町にやってくる)
サッチモの愛称で有名なルイ・アームストロングのレパートリーの一つ。ニューオリンズでは葬列マーチとしても有名。
この素晴らしき世界 What a Wonderful World
言わずと知れたルイ・アームストロングによる1968年のヒット曲。

フランク・シナトラ Frank Sinatra

NEON GENESIS EVANGELION 3
フライ・ミー・トゥーザ・ムーン
エヴァンゲリオンのエンディングテーマとしても有名な「Fly Me to the Moon」は、ジャズ風アレンジがよく似合う。
オール・オブ・ミー All of Me
フランク・シナトラのカバーで有名。アメリカ人作曲家ジェラルド・マークスとシーモア・シモーンによる1931年の共作。
ニューヨーク ニューヨーク
1977年のアメリカ映画『New York, New York』テーマ曲。1979年にシナトラがカバー

【関連ページ】 フランク・シナトラ特集へ

グレン・ミラー楽団 Glenn Miller

ムーンライト・セレナーデ
グレン・ミラー作曲のスタンダードジャズの代表曲。月明かりのセレナーデ。
茶色の小瓶 Litte Brown Jug
グレン・ミラー楽団の代表曲の一つ。アルコール讃歌ともいうべきユニークな歌詞が付けられている。
インザムード In the Mood
グレンミラー楽団のレパートリーの一つ。 「スウィングガールズ」でもお馴染み。

ナット・キング・コール Nat King Cole

ナット・キング・コール・ベスト
L-O-V-E (ナットキングコール)
「L-O-V-E」は、アメリカのジャズピアニスト・歌手ナット・キング・コールの1965年の作品。
アンフォゲッタブル Unforgettable
ナット・キング・コールの死後、娘のナタリーコールが、オーバーダビングによる父の歌声とのデュエット版を1991年にリリース。
モナ・リザ Mona Lisa
映画「Captain Carey, U.S.A.」のサウンド・トラック。1950年のビルボート・チャートでは、8週連続1位の大ヒットとなった。

【関連ページ】 ナット・キング・コール特集へ

【試聴】Fly Me to the Moon