讃美歌・教会音楽・聖歌としての
「むすんでひらいて」

むすんでひらいての謎 ドナドナ研究室

『むすんでひらいて』の原曲である『ルソーの夢』は、19世紀のイギリスにおいて讃美歌のメロディーとして採用され、様々な讃美歌の歌詞がつけられていった。

讃美歌が広まっていく過程で、ある都市の名前である「グリーンヴィル」がこのメロディのチェーンネームとなり、それ以降は「グリーンヴィル」がこの讃美歌を表すタイトルとして世界中に広まっていった。

讃美歌『グリーンヴィル』

日本における讃美歌としての「ルソーの夢」は、バプテスト系の教会が日本で最初に刊行(1874-1875 ?)した讃美歌集『聖書之抄書』に「グリーンヴィル」として掲載される形で日本に上陸した。

この曲には「キミノ ミチビキ」という日本語の讃美歌の歌詞がつけられているが、時期的に1881年の小学唱歌『見渡せば』よりも早い。

つまり、この「キミノ ミチビキ」の歌詞は、「グリーンヴィル」すなわち「ルソーの夢」につけられた日本語の歌詞第1号であるということになる。

ちなみに、「ルソーの夢」の原語文献は、当時の文部省が海外文献の網羅的な収集を目指して明治5年(1872)に設立した「教育博物館」の文献「公私立学校用フィリップ・フィリップスの昼間の学校歌手」という唱歌集に掲載されており、この時初めて日本に「ルソーの夢」の原語文献が上陸したといえそうだ。

讃美歌もあまり普及しなかった理由は?

こうして讃美歌としての『ルソーの夢』は、小学唱歌刊行に先立って、日本のプロテスタント教会によってはじめて歌われるようになって以来、明治20-30年代には宗派を超えた統一的な讃美歌集に収録され、昭和6年版の『讃美歌』で姿を消すまでの間、各派の教会で歌われつづけていた。

「見渡せば」と同じように、この讃美歌としての「ルソーの夢」の旋律も、日本では比較的短命に終わるのですが、その理由として海老沢先生は著書で次のように述べている。

「やはりこの旋律が他のかたち(唱歌・軍歌・遊戯)で人びとに歌われすぎたためと思われる・・・こうしたかたちで教会外部で有名になった旋律を、教会の立場から、讃美歌としてさらにあらためて位置付けつづけることはむしろ困難であったのではなかろうか。」

<引用:岩波書店『むすんでひらいて考』より>

小学唱歌としての「見渡せば」と同様に、この讃美歌としての「ルソーの夢」も、当時の時代のうねりに巻き込まれてしまったようだ。

ちなみに、海外では讃美歌『主よ、汝の祝福で我らを解き放ちたまえ Lord, dismiss us with Thy blessing』として今日でも歌われている。

史料価値の高い研究向けアルバム

むすんでひらいての謎

おなじみの「むすんでひらいて」の起源と変遷をたどったユニークにして興味深いアルバムである。“起源”となったルソーの歌はもとより、さまざまな国に伝承され多彩なヴァリエーションを生んだ経緯が網羅される。分厚い解説書も資料的価値大。

むすんでひらいての謎 目次

  1. 様々な顔を見せる不思議な童謡
  2. ルソーと「村の占師」
  3. 小学校唱歌 「見渡せば」
  4. ルソーの夢
  5. 「ルソーの夢」と「村の占師」を結びつけるもの~まとめ
  6. なぜ「見渡せば」が定着しなかったのか?
  7. 賛美歌としての「むすんでひらいて」

関連ページ

ロディーおばさんに言っといで Go Tell Aunt Rhody
童謡『むすんでひらいて』とルーツが同じとされるアメリカ民謡。カプコンのゲームソフト「バイオハザード7 レジデント イービル(BIOHAZARD 7 Resident Evil)」テーマ曲・主題歌としてアレンジされた。
Lord, dismiss us with Thy blessing
『むすんでひらいて』と同じメロディで歌われる18世紀イギリスの讃美歌
ドナドナ研究室 世界の名曲の謎・ルーツを探る
『アメイジング・グレイス』、『森のくまさん』、『グリーン・グリーン』、『ドナドナ』など、日本でも有名な世界の名曲にまつわる面白エピソードや原曲のルーツ・謎に迫る研究ページ。